新しいものづくりがわかるメディア

RSS


99ドルのオープンソース3Dレーザースキャナ「Cowtech Ciclop」

99ドルのオープンソース3Dレーザースキャナ「Cowtech Ciclop」がKickstarterで支援を募っている。手持ちの3Dプリンタで構成部品を出力して組み立てる製品で、既に目標額を大幅に上回る資金を集めている。

photo

Cowtech Ciclopは、オープンソースの3Dスキャナ「BQ Ciclop」と同じデザインとソフトウェアを採用している。今回、専用のArduinoシールドを設計し、使用する部品を見直すことで、オリジナルのBQ Ciclopと同等の性能を維持しつつ、価格低減を図った。

また、構成部品の設計を見直し、造形サイズ115×110×65mm以上の3Dプリンタであればすべての部品が出力できるようにしたとしている。

ターンテーブルはアクリル製で、あらかじめレーザーカットされたものが用意されている。本体の組み立てに必要な時間は30分以内だという。

photo

スキャンサイズは幅200×高さ205mmで、分解能は0.5mm、スキャン時間は2~3分となっている。

なお、Cowtech CiclopはRepRapプロジェクトの下で開発された製品であり、キャンペーン終了後にはすべての詳細設計情報が開示されるという。

photo
photo
photo

Kickstarterで3月23日までクラウドファンディング中であるが、既に目標額1万ドル(約114万7000円)を大幅に上回る2万7000ドル(約310万円)以上を集めている。

通常版は99ドル(約1万1400円)で、必要な部品がすべて付属したキットも149ドル(約1万7100円)で用意されている。出荷開始は4月の予定で、日本への送料は47ドル(約5390円)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Bfull、光造形3Dプリンターの積層痕をなくす「積層レスコート」を開発しフィギュア生産に採用
  2. 自作スマートウォッチも——0.95インチOLED搭載Arduino互換ボード「Pocuter」
  3. 水を飲むだけでピタリと止まる——しゃっくりを簡単に止められるストローを開発
  4. 90×90mmサイズに充実した入出力——Raspberry Pi CM4用キャリアボード「TOFU」
  5. ArduinoやRaspberry Piで動かせる自動走行車モデルの技術解説カンファレンスから、Raspberry Piと各種センサーでIoTシステムの基礎が学べるオンラインイベントまで(9月12日~)
  6. Dr.片山の100均ロボット研究室 高くて買えないけど絶対欲しい廉価版犬型ロボットを作ってみた
  7. 大気から飲料水を作る——電力不要で24時間稼働できる集水装置を開発
  8. 種まきや除草を自動化——マシンラーニング搭載のガーデニングロボット「Sybil」
  9. コーディング不要でIoT開発——Arduino「Oplà IoT Kit」向けテンプレートを公開
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る