新しいものづくりがわかるメディア

RSS


99ドルのオープンソース3Dレーザースキャナ「Cowtech Ciclop」

99ドルのオープンソース3Dレーザースキャナ「Cowtech Ciclop」がKickstarterで支援を募っている。手持ちの3Dプリンタで構成部品を出力して組み立てる製品で、既に目標額を大幅に上回る資金を集めている。

photo

Cowtech Ciclopは、オープンソースの3Dスキャナ「BQ Ciclop」と同じデザインとソフトウェアを採用している。今回、専用のArduinoシールドを設計し、使用する部品を見直すことで、オリジナルのBQ Ciclopと同等の性能を維持しつつ、価格低減を図った。

また、構成部品の設計を見直し、造形サイズ115×110×65mm以上の3Dプリンタであればすべての部品が出力できるようにしたとしている。

ターンテーブルはアクリル製で、あらかじめレーザーカットされたものが用意されている。本体の組み立てに必要な時間は30分以内だという。

photo

スキャンサイズは幅200×高さ205mmで、分解能は0.5mm、スキャン時間は2~3分となっている。

なお、Cowtech CiclopはRepRapプロジェクトの下で開発された製品であり、キャンペーン終了後にはすべての詳細設計情報が開示されるという。

photo
photo
photo

Kickstarterで3月23日までクラウドファンディング中であるが、既に目標額1万ドル(約114万7000円)を大幅に上回る2万7000ドル(約310万円)以上を集めている。

通常版は99ドル(約1万1400円)で、必要な部品がすべて付属したキットも149ドル(約1万7100円)で用意されている。出荷開始は4月の予定で、日本への送料は47ドル(約5390円)となっている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  2. ラズパイでラジオを聴取——インプレスR&D、「ラズパイでラジオを聞く!“radiberry pi!”構築マニュアル」発刊へ
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  4. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  5. 回路やソフトだけじゃ物足りない 自作部品でエレ・メカ工作「基礎の基礎」【1】
  6. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  7. micro:bitの作例を収録——技術評論社、「micro:bitであそぼう!たのしい電子工作&プログラミング」発刊へ
  8. 最大5軸の制御に対応するCNCコントローラー「Super Gerbil」
  9. ハードウェアこそが、日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  10. 3Dプリントで全ての人に住宅を——建築用3Dプリンタープロジェクト「Open House」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る