新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D Roboticsとオートデスク、ドローンによる3Dデータ作成で協力——国交省のi-Constructionを支援

米オートデスクは、ドローンを使用した作業現場の自動測量や3Dデータ作成で米3D Roboticsと協力することを発表した。

photo

オートデスクは、新技術を活用した次世代のものづくり環境を実現するためのプラットフォーム「Forge(フォージ)」を提供している。3D RoboticsはForgeのAPIやSDKを使い、同社のドローン「SOLO」で撮影した現場写真をオートデスクのクラウドサービスに送信して自動的に3D データを作成するシステム「Site Scan」を開発した。

photo

専門知識がなくとも、ドローンによる作業現場の撮影範囲の指定から3Dデータ作成までを自動で実行できる新しいリアリティキャプチャソリューションだとしている。

photo
photo

得られた3Dデータは、オートデスクのBIM/CIMアプリケーションなどで利用できるため、地図作成から造成計画、実施設計、工事進捗管理などの工程管理に活用できる。

同社はSite Scanの国外販売を検討しており、その一環として日本国内におけるICTを活用した測量、検査、維持管理の取り組みとして国土交通省が推進している「i-Construction」を、オートデスクと共に支援する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る