新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3D Roboticsとオートデスク、ドローンによる3Dデータ作成で協力——国交省のi-Constructionを支援

米オートデスクは、ドローンを使用した作業現場の自動測量や3Dデータ作成で米3D Roboticsと協力することを発表した。

photo

オートデスクは、新技術を活用した次世代のものづくり環境を実現するためのプラットフォーム「Forge(フォージ)」を提供している。3D RoboticsはForgeのAPIやSDKを使い、同社のドローン「SOLO」で撮影した現場写真をオートデスクのクラウドサービスに送信して自動的に3D データを作成するシステム「Site Scan」を開発した。

photo

専門知識がなくとも、ドローンによる作業現場の撮影範囲の指定から3Dデータ作成までを自動で実行できる新しいリアリティキャプチャソリューションだとしている。

photo
photo

得られた3Dデータは、オートデスクのBIM/CIMアプリケーションなどで利用できるため、地図作成から造成計画、実施設計、工事進捗管理などの工程管理に活用できる。

同社はSite Scanの国外販売を検討しており、その一環として日本国内におけるICTを活用した測量、検査、維持管理の取り組みとして国土交通省が推進している「i-Construction」を、オートデスクと共に支援する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リアルタイムモニター付きRaspberry Pi用無停電電源ボード「UPS HAT For Raspberry Pi」
  2. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  3. たかがニッパー、されどニッパー。ニッパーを笑うものはニッパーに泣く! 【ギャル電きょうこの意識の低い工具入門】
  4. 旧OSが必要なユーザーに向けて——Raspberry Pi財団、BusterベースのOS「Legacy」を発表
  5. 「Arduino IDE」が2.0へ——Arduino IDE 2.0 RCを公開
  6. USBドングルタイプのM5Stack IoT開発キット「ATOM U」発売
  7. 3つのモデルでさまざまな加工に対応——コンパクトでハイパワーなレーザー加工機「HiLaser Z」シリーズ
  8. Dr.片山の100均ロボット研究室 おもちゃの電車を載せるだけ! 手のひらサイズの6脚歩行ロボット
  9. スイッチサイエンスが「Arduino Nano 33 BLE」「Arduino Nano 33 BLE Sense」を発売
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る