新しいものづくりがわかるメディア

RSS


世田谷のFabスペース「PTA」がリニューアル——設備を無料で使えるキャンペーン実施へ

IID 世田谷ものづくり学校内に設置され、PTAの愛称で親しまれてきたFabスペース「PTA/Prototype Thinking Area」が「FabLab Setagaya at IID」として4月13日にリニューアルオープンする。また、リニューアルキャンペーンの第1弾として「世田谷オープンラボ」を実施する。

IID 世田谷ものづくり学校とは、廃校となった中学校の校舎をクリエイターやデザイナーの作業場として活用するほか、ものづくり体験や学習プログラムを年間500件以上開催している複合施設だ。その116号室に設置したPTAは、製品やサービスの試作および開発の場として2014年9月に開設し、デジタルファブリケーション機器利用サービス、造形請負サービス、各種ワークショップや講座を開催してきた。

FabLab Setagaya at IIDでは、今までPTAで展開してきたサービスのほか、地域に根ざした取り組みや、クリエイター同士の連動、世界各地のFabLabネットワークによる技術や情報の共有を図っていくとしている。

今回のリニューアルでは、設置機器を全面的に入れ替え、開催講座も初心者向けからプロ向けまで幅広いラインナップを揃えた。さらに、名称をFabLab Setagaya at IIDに改め、世界50カ国250カ所のFabLabが連携するネットワークに参加する。

リニューアルキャンペーンの第1弾として、4月13日から5月13日まで「世田谷オープンラボ」を実施。会員登録し、有料の機材講習を受講済みの利用者に限り、全機器とアプリケーションを無料で利用できる。また、公式WEBサイトで成果物を公開することも利用条件となっている。

機材の利用時間は1ユーザーにつき1日2時間、月合計4時間までで、切削加工機は5月1日より利用可能だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. まるで車輪付きの2階建てビル——世界最大の「Hummer H1」がUAEの博物館に収蔵
  3. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  4. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  5. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」
  8. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  9. 理科の授業に必要な計測/制御などを1台で——USBを挿すだけで使える道具箱「AkaDako STEAM BOX プロトタイプ」
  10. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る