新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8Mピクセルカメラで高速度撮影にも対応——Raspberry Pi用HDカメラモジュール「Raspberry Pi Camera Board Version 2」

アールエスコンポーネンツとグループ会社のアライドエレクトロニクスは、「Raspberry Pi」用カメラモジュールをリニューアルし「Raspberry Pi Camera Board Version 2」として発売した。

Raspberry Pi Camera Board Version 2には、標準可視カメラタイプと赤外線感知カメラタイプの2種があり、いずれもRaspberry Piシリーズと接続することで、静止画や動画の高精細撮影ができる。100フレーム超の高速度撮影にも対応していて、ダイナミックなスローモーション映像の撮影もできるとしている。

Sony IMX219PQ CMOSイメージセンサ(有効約808万画素裏面照射型)を搭載し、1080p、720p、VGAのビデオモードで高速フレームレートによるイメージングが可能だ。

また、ノイズ除去、歪み補正、レンズシェーディング補正、自動ゲインコントロール(AGC)、ホワイトバランス(AWB)機能に対応したイメージセンサパイプラインを搭載。解像度は最大3280×2464ピクセル、モジュール寸法は23.86×25×9mm、動作温度範囲は-20~60℃となっている。

接続には15cmリボンケーブルを使い、モジュールスロットとボードのCSI-2ポート(カメラシリアルインターフェイス)を直接接続する。接続後は、MIMAL(Multi-Media Abstraction Layer)やV4L(Video for Linux)APIを介してカメラボードにアクセスできる。また、Python Picameraなどのインターフェースライブラリを使用することもできる。

価格は、標準可視カメラを搭載するRaspberry Pi Camera Board Version 2と赤外線感知カメラを搭載するRaspberry Pi PiNoir Camera Board Version 2が各3418円(税別)で、同社の「RSオンライン」にて販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る