新しいものづくりがわかるメディア

RSS


8Mピクセルカメラで高速度撮影にも対応——Raspberry Pi用HDカメラモジュール「Raspberry Pi Camera Board Version 2」

アールエスコンポーネンツとグループ会社のアライドエレクトロニクスは、「Raspberry Pi」用カメラモジュールをリニューアルし「Raspberry Pi Camera Board Version 2」として発売した。

Raspberry Pi Camera Board Version 2には、標準可視カメラタイプと赤外線感知カメラタイプの2種があり、いずれもRaspberry Piシリーズと接続することで、静止画や動画の高精細撮影ができる。100フレーム超の高速度撮影にも対応していて、ダイナミックなスローモーション映像の撮影もできるとしている。

Sony IMX219PQ CMOSイメージセンサ(有効約808万画素裏面照射型)を搭載し、1080p、720p、VGAのビデオモードで高速フレームレートによるイメージングが可能だ。

また、ノイズ除去、歪み補正、レンズシェーディング補正、自動ゲインコントロール(AGC)、ホワイトバランス(AWB)機能に対応したイメージセンサパイプラインを搭載。解像度は最大3280×2464ピクセル、モジュール寸法は23.86×25×9mm、動作温度範囲は-20~60℃となっている。

接続には15cmリボンケーブルを使い、モジュールスロットとボードのCSI-2ポート(カメラシリアルインターフェイス)を直接接続する。接続後は、MIMAL(Multi-Media Abstraction Layer)やV4L(Video for Linux)APIを介してカメラボードにアクセスできる。また、Python Picameraなどのインターフェースライブラリを使用することもできる。

価格は、標準可視カメラを搭載するRaspberry Pi Camera Board Version 2と赤外線感知カメラを搭載するRaspberry Pi PiNoir Camera Board Version 2が各3418円(税別)で、同社の「RSオンライン」にて販売中だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  2. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  3. DMM.make AKIBA名物「FRISKおじさん」とヘッドホン・アンプを作ってきた
  4. Raspberry Piを活用しよう——マイナビ出版、「ここまで作れる!Raspberry Pi 実践サンプル集」発刊
  5. 腕につけるだけで充電不要——キネティック搭載スマートウォッチ「SEQUENT」
  6. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. 自律走行して農作物を監視する——農業向け6輪ローバーロボット「AGRowBot」
  9. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  10. コニカミノルタ、大阪工大との共同開発技術を利用した体臭測定ソリューション「Kunkun body」の先行販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る