新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで使えるW-CDMA対応USBスティック型データ端末「AK-020」

エイビットは、W-CDMA方式の3G通信に対応したUSBスティック型データ通信端末「AK-020」を5月に発売する。

AK-020はIoT機器での利用を想定し、HSPAの高速通信にも対応した通信端末だ。W-CDMA方式の3G回線網に接続し、高速データ通信やSMSを使用できる。データ通信速度は受信時最大21Mbps、送信時最大5.76Mbpsで、Mini-SIM(2FF)に対応する。

また、エイビットはソラコムのパートナープログラムであるSORACOMパートナースペースにおいて、SPS認定デバイスパートナーとして認定されており、ソラコムの提供するIoT通信プラットフォーム「SORACOM」が利用できる。

専用のデータ通信SIM「SORACOM Air」を利用することで、例えばRaspberry Piを使ったIoTデバイスでモバイルデータ通信が可能となる。

AK-020のサイズは89×27×8.6mm、質量は約18g。Windows 7以降(10、8.1、8、7)、MacOS Xは10.8、10.9。Linux Ubuntuでは12.04LTS、14.04 LTSに対応している。

販売については、ソラコムおよび同社が販売元となるチャネルでのみの取り扱いとなる。発売価格は4980円(税別、送料別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  2. 80歳のメカニックが飛ばないドローンを部品から手作り
  3. Raspberry Piで動かす電車のおもちゃ「Fame Toys ブリッジャー」発売
  4. HATボードを横に並べて接続するRaspberry Pi用拡張ボード「HAT RACK」
  5. 基板内部に電子回路を立体造形——Nano-Dimensionの電子回路PCB基板3Dプリンター「DragonFly LDM」
  6. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  7. 梨衣名が教えるものづくり中国語講座 vol1 中国との取引でこの言葉ができたら要注意!「差不多」
  8. Moddable+M5StackでIoTアプリケーション開発——インプレスR&D 、「実践Moddable」発刊
  9. 折り紙をヒントに、わずか1cmのプログラム可能な超小型ロボットを開発
  10. まるで生き物。もふもふなAIペット型ロボット「MOFLIN」がKickstarterに登場

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る