新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ファブ施設で地域の課題を解決——高知県佐川町に「さかわ発明ラボ」オープン

高知県佐川町に、木材、植物、農作物といった地域資源をもとにデジタル機器を活用して地域の課題を解決するファブ施設「さかわ発明ラボ」がオープンした。

photo

さかわ発明ラボは、地域の生活をより豊かにし、地域の課題を解決する新たな商品、サービス、仕組みを発明するプロジェクトを、佐川町民が中心となり、町外有識者、移住者、訪問者とともに実施する取り組みだ。

photo Write More
photo ロボット動物園

実施中のプロジェクトには「Write More:かくを楽しむボード」の開発/試験販売、地元の小学6年生が世界で一つだけの動物ロボットをつくる教育プログラム「さかわロボット動物園」の開講などがある。

利用できる設備は、レーザーカッター、3Dプリンタ、UVプリンタ、デジタルミシン、カッティングマシン、切削加工機、大型の木材加工機などだ。

6月4~5日には、大型の木材加工機械ShopBot(ショップボット)を使い、「みんなが集まりたくなるベンチ」を作るワークショップの開催を予定している。

佐川町は、2015年より住民参加で地域の未来ビジョンとその実現のための行動計画をつくる「みんなでつくる総合計画」プロジェクトを推進してきた。同事業は内閣府選定の地方創生先行事例に選定されており、地方創生の新たな成功モデルを目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ナショナル創業50周年記念で販売店に配布されたノベルティ「NATIONAL TAPE-RECORDER RQ-210」
  2. イグアス、3Dプリンターを使ってマスクを開発——STLを無償公開
  3. バニーが語る「なぜハードウェアハッキングが好きか、そしてハードウェアハッカーになるためのガイド」
  4. Raspberry Piでドローンを自動操縦——フライトコントローラーアドオンボード「Cube Carrier board」
  5. 機械学習で3Dプリントの造形精度を50%高める手法を開発——形状誤差データを学習するAI
  6. 宇宙開発エンジニアが自作した回転ダイヤル式携帯電話——製作手順をオープンソースとして公開
  7. 小学生もスマートボールでデータ野球——小学生向けに9軸センサー内蔵軟式野球ボール「テクニカルピッチ軟式J号球」発売
  8. シリアルセンサーを無線化——センサーネットワーク構築に適したLoRaモデム「BR100」
  9. 水のしずくで140V——液滴で発電するマイクロ発電機を開発
  10. ビニールテープで電車を制御——電車遊びでプログラミングを学べる「LoCoMoGo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る