新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ファブ施設で地域の課題を解決——高知県佐川町に「さかわ発明ラボ」オープン

高知県佐川町に、木材、植物、農作物といった地域資源をもとにデジタル機器を活用して地域の課題を解決するファブ施設「さかわ発明ラボ」がオープンした。

photo

さかわ発明ラボは、地域の生活をより豊かにし、地域の課題を解決する新たな商品、サービス、仕組みを発明するプロジェクトを、佐川町民が中心となり、町外有識者、移住者、訪問者とともに実施する取り組みだ。

photo Write More
photo ロボット動物園

実施中のプロジェクトには「Write More:かくを楽しむボード」の開発/試験販売、地元の小学6年生が世界で一つだけの動物ロボットをつくる教育プログラム「さかわロボット動物園」の開講などがある。

利用できる設備は、レーザーカッター、3Dプリンタ、UVプリンタ、デジタルミシン、カッティングマシン、切削加工機、大型の木材加工機などだ。

6月4~5日には、大型の木材加工機械ShopBot(ショップボット)を使い、「みんなが集まりたくなるベンチ」を作るワークショップの開催を予定している。

佐川町は、2015年より住民参加で地域の未来ビジョンとその実現のための行動計画をつくる「みんなでつくる総合計画」プロジェクトを推進してきた。同事業は内閣府選定の地方創生先行事例に選定されており、地方創生の新たな成功モデルを目指すとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1ポンド硬貨より小さいArduino互換の超小型マイコン「Piksey Atto」
  2. アクアリウムの管理を自動化しよう——水質自動管理システム「Leviathan」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——メッセだけならラズパイでいい
  4. ラヤマパック、手動真空成形機「V.former Lab」の販売を開始
  5. スタートアップは日本で量産できない——深センのジェネシスがスタートアップの駆け込み寺EMSになった理由
  6. コンパクトながら30Wのレーザーを搭載——レーザー加工機「beamo」がKibidangoに登場
  7. 70万円台で手に入るEV——3Dプリント製超小型電気自動車「YoYo」
  8. 考えるだけで自在にコントロールできるAI搭載義手、2020年中に販売開始を予定
  9. マクニカ、「SENSPIDER」用の開発キット「SENSPIDER Developers Package」をリリース
  10. 過酷な環境でも安定する音声コミュニケーションデバイスを目指して——「BONX mini」開発の苦悩

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る