新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ロボットスタート、テレノイド計画と業務提携を発表

ロボットアプリ開発、ロボットメーカー向けのコンサルティングを行うロボットスタートは、小型の遠隔操作型アンドロイド「テレノイド」の企画、提供を行うテレノイド計画と業務提携契約の締結を発表した。

テレノイド計画は、国際電気通信基礎技術研究所(ATR)石黒浩特別研究所所長が中心となり開発したテレノイドを使ったサービスを発表している。今回の提携で、マーケティング支援、販売支援、技術支援、開発環境整備などに2社で共同して取り組み、テレノイドのサービス提供を目指す。

また両社は、今後テレノイドの開発環境を整備し、アプリデベロッパーに向けて公開することで、遠隔操作以外の活用法についてのサービスを検討する。将来的には人工知能システム、会話エンジン、IoTデバイスなどとの連携なども視野に入れて共同研究開発を進めるとしている。

photo

テレノイドは、ほかの遠隔操作型アンドロイドが外観を実在の人物に極めて近づけ、その個人の存在感を伝えようとデザインされているのとは対照的に、人間らしいと認識できる必要最小限の見かけと動きの要素のみを備えたロボットだ。

テレノイドから知人の声が聞こえれば、ユーザはその声の主の姿形を頭に思い浮かべるが、その頭に思い浮かべた姿形が、個性を持たないことで誰にでも見えるロボットに精神的に投影され、その声の主を抱きかかえながら話している感覚を持つという。

高齢者、特に認知症の方がテレノイドを抱きかかえ会話をすると著しい情緒安定効果等がみられることが、ATRがこれまでに介護施設で実施した実証実験で明らかになっているとしている。

photo

テレノイド計画は、このようなATRの技術シーズと、高い傾聴スキルをもったコミュニケーターと高齢者との電話による会話の内容を家族に伝える「会話型見守りサービス」とを融合することにより、全く新しいコミュニケーションサービスを提供するとその狙いを明らかにしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  2. 独ケムニッツ工科大、3Dプリンターによる電動モーター製作に成功
  3. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  4. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  5. 3Dプリントで自分の背中にぴったりフィット——3Dシェルを使ったリュック「SEAL ERGONOMIC」
  6. ワークブック形式で基礎を習得——カットシステム、「Python[基礎編]ワークブック」発刊へ
  7. 3Dプリンターに最適化した金属粉末を開発ーー高い強度と延性、耐食性の合金を造形可能 日立金属
  8. シリコンバレーを経て起業した韓国Naranが見据える「地に足の着いたIoT」
  9. いつでもどこでも気分を「リブート」してストレス解消——手遊びガジェット「KACHA」
  10. CMYK4色でフルカラー造形も——M3Dの新型プリントヘッド「QuadFusion」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る