新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ウインクで撮影するウェアラブルカメラ「BLINCAM」——Makuakeで先行販売開始

メガネに付けてウインクで撮影するウェアラブルカメラ「BLINCAM」が、Makuakeで先行販売を開始し、目標金額100万円をスタート早々に達成した。

今回のプロジェクトを推進するのは株式会社BLINCAMだ。ウェアラブルカメラBLINCAMは、同社CEO高瀬昇太氏の「子供の何気ない表情を気軽に撮りたい」という思いから開発が始まった製品だという。

同製品は、メガネに容易に取り付け可能だ。Bluetoothでスマホとペアリングして、ウインクにより撮影。即座にスマホに転送できる。意識的に強くしたウインクまたは両目のまばたきだけに反応する独自のセンサーを搭載。心が動いた瞬間を記録できる。

サイクリングやドライブ中、建設現場などにおいてもハンズフリーでの撮影ができる。

HD CMOS 500万画素のカメラを搭載、待機時間は8時間、電源はリチウムポリマー電池だ。デザインはスティック状。重さも25gと軽量だ。

同製品は12月にリリース予定だ。予定小売価格は1万9800円。直感的に操作できるスマホアプリも同時期にリリースするという。Makuakeでは限定割引品、Makuake限定デザイン製品、BLINCAM特注メガネとのセットなど各種支援コースを用意している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る