新しいものづくりがわかるメディア

RSS


お酒を自動で醸造するIoT酒樽「ALCHEMA」——Kickstarterで好スタート

自家製ワインや果実酒を自動で醸造できるIoTデバイス「ALCHEMA(アルケマ)」がKickstarterに登場、公開後3日で目標金額を超えて約1000万円を集め、製品化が決定した。

アプリで手軽に好みの味を設定

同プロジェクトは、IoTプロダクトの製造を手掛ける日本のハタプロが、台湾政府の経済部 通信産業発展推進委員会および工業技術研究院と共同で国際起業家支援プロジェクトとして支援したものだ。

酒樽型のデバイスに、アプリでデータベースから選択したレシピに合わせて水、果実、砂糖などの材料と酵母パケットを入れ、発泡度合いをアプリで設定するだけで果実酒やワインなどを醸造できる。

ALCHEMA(アルケマ)デバイスの構造

デバイスに多くのセンサーを搭載し、継続的に醸造過程における重要な値を検出し、Wi-Fiでインターネットにアップロードする。醸造が終了するとアプリがユーザーに通知する。通常、発酵まで約1〜2週間かかるという。

水と果実とペーストをIoT酒樽に入れて、アプリで好みを設定して待つだけ

また、消毒用のUV-C LEDライトを装備。容器を消毒してから、発酵プロセスを開始する。さらにアプリを使って発酵プロセスを監視できるため、発酵の途中でフタを開ける必要がなく、雑菌混入の危険性も回避できる。

同製品は、まず米国で販売を開始する。日本では酒税法などへの対応と、味噌など発酵食品にも応用可能な製品にアレンジして販売する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 組み立てて動かせる──ステンレス製組み立てキット「Metal Time」(4種類)
  2. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  3. 5kgのボウリング球で巨大トラックボールを作ったら
  4. 第1回 ラズパイってなんですか
  5. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. シアトル発スタートアップ、ガレージに置けるコンパクトな核融合炉を開発中
  8. チャンバー内温度270°——QUALUP SAS、マルチマテリアル対応高温3Dプリンター「Qu3 HT」発表
  9. 自宅の3Dプリンターでフードプリント——フード3Dプリンター用エクストルーダー「LuckyBot」
  10. とってもエコだけどまったく役に立たない新感覚の機械、作りました

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る