新しいものづくりがわかるメディア

RSS


お酒を自動で醸造するIoT酒樽「ALCHEMA」——Kickstarterで好スタート

自家製ワインや果実酒を自動で醸造できるIoTデバイス「ALCHEMA(アルケマ)」がKickstarterに登場、公開後3日で目標金額を超えて約1000万円を集め、製品化が決定した。

アプリで手軽に好みの味を設定

同プロジェクトは、IoTプロダクトの製造を手掛ける日本のハタプロが、台湾政府の経済部 通信産業発展推進委員会および工業技術研究院と共同で国際起業家支援プロジェクトとして支援したものだ。

酒樽型のデバイスに、アプリでデータベースから選択したレシピに合わせて水、果実、砂糖などの材料と酵母パケットを入れ、発泡度合いをアプリで設定するだけで果実酒やワインなどを醸造できる。

ALCHEMA(アルケマ)デバイスの構造

デバイスに多くのセンサーを搭載し、継続的に醸造過程における重要な値を検出し、Wi-Fiでインターネットにアップロードする。醸造が終了するとアプリがユーザーに通知する。通常、発酵まで約1〜2週間かかるという。

水と果実とペーストをIoT酒樽に入れて、アプリで好みを設定して待つだけ

また、消毒用のUV-C LEDライトを装備。容器を消毒してから、発酵プロセスを開始する。さらにアプリを使って発酵プロセスを監視できるため、発酵の途中でフタを開ける必要がなく、雑菌混入の危険性も回避できる。

同製品は、まず米国で販売を開始する。日本では酒税法などへの対応と、味噌など発酵食品にも応用可能な製品にアレンジして販売する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る