新しいものづくりがわかるメディア

RSS


お酒を自動で醸造するIoT酒樽「ALCHEMA」——Kickstarterで好スタート

自家製ワインや果実酒を自動で醸造できるIoTデバイス「ALCHEMA(アルケマ)」がKickstarterに登場、公開後3日で目標金額を超えて約1000万円を集め、製品化が決定した。

アプリで手軽に好みの味を設定

同プロジェクトは、IoTプロダクトの製造を手掛ける日本のハタプロが、台湾政府の経済部 通信産業発展推進委員会および工業技術研究院と共同で国際起業家支援プロジェクトとして支援したものだ。

酒樽型のデバイスに、アプリでデータベースから選択したレシピに合わせて水、果実、砂糖などの材料と酵母パケットを入れ、発泡度合いをアプリで設定するだけで果実酒やワインなどを醸造できる。

ALCHEMA(アルケマ)デバイスの構造

デバイスに多くのセンサーを搭載し、継続的に醸造過程における重要な値を検出し、Wi-Fiでインターネットにアップロードする。醸造が終了するとアプリがユーザーに通知する。通常、発酵まで約1〜2週間かかるという。

水と果実とペーストをIoT酒樽に入れて、アプリで好みを設定して待つだけ

また、消毒用のUV-C LEDライトを装備。容器を消毒してから、発酵プロセスを開始する。さらにアプリを使って発酵プロセスを監視できるため、発酵の途中でフタを開ける必要がなく、雑菌混入の危険性も回避できる。

同製品は、まず米国で販売を開始する。日本では酒税法などへの対応と、味噌など発酵食品にも応用可能な製品にアレンジして販売する予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 付録の真空管FMチューナーでラジオを聴けるムック本「電波受信が面白い!FMラジオの深層へ」
  2. 低電力ディスプレイを使うプロジェクトに最適——Raspberry Pi用電子ペーパーHAT「E-Paper HAT」
  3. 自作SSDで自作CPUを動かす——キオクシア「はたらくSSD」同人誌の店頭無料配布を開始
  4. コストを10分の1に——Raspberry Pi採用の簡易型地震計測システムを飛島建設が開発
  5. ラズパイでクラスタリング——Raspberry Pi 4 Compute Module対応4ノードクラスター「Turing Pi 2」
  6. 約100年前に初めて記述された乱流境界層を完全に数学的定式化——効率的なエンジンの開発や空気抵抗の最小化へ
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. 手軽に高精度スキャンができる3Dスキャナー「Revopoint POP 2」がMakuakeに登場
  9. 音声コマンドでメール送信もできるRaspberry Pi用オーディオ拡張ボード「Audio Codec HAT」
  10. FabCafe Nagoya(愛知県名古屋市)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る