新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ぬいぐるみがしゃべりだす!?——ボタン型スピーカー「Pechat(ペチャット)」

ぬいぐるみなどに取り付けられるボタン型スピーカー「Pechat(ペチャット)」が、Makuakeにて出資を募っている。

photo

Pechatは、直径45mmの黄色ボタンの形をしたスピーカーだ。本体裏面のフックで、ぬいぐるみに縫いつけたり、首からぶら下げるなどして装着する。

photo

操作は専用スマートフォンアプリで行う。「はじめまして」や「おはよう」などのセリフがプリセットされており、テキストボックスに文字を入力し、表示される候補から好きなセリフを選ぶことで、あたかもぬいぐるみがおしゃべりしているかのような音声が流れる。

photo

また、自分の声でセリフを入力し、スマホアプリがかわいい音声に変換して再生することができる。子どもの声に反応して自動でおうむ返ししたり、ランダムでリアクションを返したりするおまかせモードもある。

photo
photo
photo

そのほか、童謡を10~20曲、童話を10~20話搭載予定で、童話の読み聞かせもできる。

製品の量産はソニーから独立したVAIOが担当し、本体サイズ(直径×奥行)は45×21mm、重量約30gで、子どもの誤飲に配慮した大きさとなっている。スマートフォンとはBluetoothで接続し、通信可能距離は約10mだ。リチウムイオン電池を内蔵し、充電には付属のマイクロUSBケーブルを使う。連続使用時間は約1.2時間、連続待受時間は約30時間だ。アプリはiOSは9.0以上、Android OSは5.0以上に対応している。

photo

予定販売価格は4990 円。Makuakeでは、先行発売限定で15%オフとなる4240円のコースなどが用意されている(価格はいずれも税込)。

Pechatのクラウドファンディング期間は11月14日まで。目標調達額50万円に対して、プロジェクト開始翌日にすでに目標を大幅に上回る240万円以上を集めている。出荷は12月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. スマートウォッチを生化学ヘルスモニターシステムへと変える粘着フィルムを開発
  2. 従来よりも靭性を2倍に高めた固体電解質を開発——次世代型固体電池の実現へ
  3. ご先祖様を3Dプリント精霊馬に乗せて、首都高を爆走させたい!
  4. 3D CADやIoTなど、ものづくりに必要な知識や技術を学べるオンライン学習システム「MID PLC オンライン」
  5. クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは
  6. Android 10(Go edition)搭載のIoTエッジデバイス「Acty-G3」発売へ、eSIM/NFC対応のカスタムモデルも提供
  7. 不織布使用量が従来品の1/10——3Dプリンター製の再使用可能マスク「θ(シータ)」
  8. パソコンの仕組みが学べる——TSUKUMO、組み立てて作るWindowsタブレット「Kano PC」の取り扱いを開始
  9. 最先端新技術で寿司を握る——OPEN MEALSの「超未来すし屋」、2020年東京にオープン
  10. micro:bitで動くロボットカー——STEM教育向けロボット「TPBot」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る