新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ぬいぐるみがしゃべりだす!?——ボタン型スピーカー「Pechat(ペチャット)」

ぬいぐるみなどに取り付けられるボタン型スピーカー「Pechat(ペチャット)」が、Makuakeにて出資を募っている。

photo

Pechatは、直径45mmの黄色ボタンの形をしたスピーカーだ。本体裏面のフックで、ぬいぐるみに縫いつけたり、首からぶら下げるなどして装着する。

photo

操作は専用スマートフォンアプリで行う。「はじめまして」や「おはよう」などのセリフがプリセットされており、テキストボックスに文字を入力し、表示される候補から好きなセリフを選ぶことで、あたかもぬいぐるみがおしゃべりしているかのような音声が流れる。

photo

また、自分の声でセリフを入力し、スマホアプリがかわいい音声に変換して再生することができる。子どもの声に反応して自動でおうむ返ししたり、ランダムでリアクションを返したりするおまかせモードもある。

photo
photo
photo

そのほか、童謡を10~20曲、童話を10~20話搭載予定で、童話の読み聞かせもできる。

製品の量産はソニーから独立したVAIOが担当し、本体サイズ(直径×奥行)は45×21mm、重量約30gで、子どもの誤飲に配慮した大きさとなっている。スマートフォンとはBluetoothで接続し、通信可能距離は約10mだ。リチウムイオン電池を内蔵し、充電には付属のマイクロUSBケーブルを使う。連続使用時間は約1.2時間、連続待受時間は約30時間だ。アプリはiOSは9.0以上、Android OSは5.0以上に対応している。

photo

予定販売価格は4990 円。Makuakeでは、先行発売限定で15%オフとなる4240円のコースなどが用意されている(価格はいずれも税込)。

Pechatのクラウドファンディング期間は11月14日まで。目標調達額50万円に対して、プロジェクト開始翌日にすでに目標を大幅に上回る240万円以上を集めている。出荷は12月の予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る