新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry PiとArduinoで動作——プログラム言語学習用ロボット「Spirit Rover」

Raspberry PiとArduinoで動く学習用ロボット「Spirit Rover」がKickstarterに登場した。Spirit Roverを利用することで、ユーザーはPythonやC/C++によるコーディングのほか、コンピュータビジョンや自律動作などを学習できる。

Spirit Roverは、2004年に火星に着陸した、その後6年間にわたって探査を続けた無人探査車「スピリット」に似た外観をしている。

メインボードにはArduino互換のプロセッサ、3軸の加速度センサ、3軸のジャイロスコープ、ペリフェラルインターフェイスコントローラ(PIC)を搭載。Arduino互換のプロセッサは、Arduino IDE経由でC/C++を使ってプログラミングできる。Spirit Roverの目の部分は超音波距離計で、メインボードに接続されている。

Spirit Roverをコントロールするのは主に、メインボードの下に配置された「Raspberry Pi B3」だ。Raspberry PiのプログラミングにはPythonやC/C++を使う。

目の下の部分には、Raspberry Piカメラが配置されている。Raspberry Piカメラを使えば、コンピュータビジョンを応用した動作をさせられる。

Spirit Roverは2016年10月18日までクラウドファンディングを実施。10月3日時点では、目標額の3万ドル(約300万円)に対して、すでに約5万3500ドル(約540万円)を集めている。

早期割引適用価格は289ドル(約2万9000円)。出荷開始は2017年2月の予定で、日本への送料は29ドル(約2900円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  4. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. すぐに使えるRaspberry Piセット——アフターソフト、学習用コンピューターセット「ベリーボックス」発売
  8. 歴代のウォークマンが一堂に、これまでのイノベーションとあなたの思い出を振り返る——「#009 WALKMAN IN THE PARK」(銀座)
  9. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  10. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る