新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ギガビットEthernetとSATAに対応——64bit ARMv8マイコン「ESPRESSOBin Board」

1.2GHzデュアルコアのMarvell Armada 3700チップセットを搭載するシングルボードコンピュータ「ESPRESSOBin Board」が、Kickstarterにて出資を募っている。

ESPRESSOBin Boardの特徴は、強力なマイコンと多彩なインターフェースを標準で搭載していることだ。CPUに64 bit ARM Cortex A53プロセッサをデュアルコアで使うMarvell Armada 3700を採用し、動作クロックは1.2GHz。メモリは512MB DDR3で、オプションで1GB/2GB DDR3に拡張できる。最新のARMv8アーキテクチャにより、動画処理など比較的重い処理への対応も期待できる。

入出力インターフェースは充実しており、ギガビットEthernet LANポート×2、Ethernet WANポート×1、SATA3.0×1、USB2.0/3.0×1、USB2.0×1、Micro USB×1、MicroSDカードスロット×1、PCIe 2.0×1などを備えている。Wi-FiやBluetoothは、MiniPCIe対応モジュールなどで実装することになる。また、作動電源はDC 12Vで、消費電力は1W(@1GHz)程度とのことだ。

開発者らによれば、豊富なインターフェースを活かし、例えばギガビットEthernet+SATA経由HDD+USB3.0ドライブで、NASやビデオモニタ、メディアサーバとしての活用が考えらえるという。また、組み込まれたTopaz Network Switchを活用し、様々なIoT機器のゲートウエイ/ネットワークブリッジなどへの応用も可能だ。

本体価格は49ドル(約5070円)。Kickstarterでは早期割引価格として、39ドル(約4040円)で購入できるプランなどを提供中だ。なお、早期割引版に実装されるメモリは512MB DDR3となる。

プロジェクトは11月12日までクラウドファンディング中だ。10月6日の時点で目標額の1万5000ドル(約155万円)を達成している。プロジェクトが順調に消化された場合、早期割引版の出荷は2017年1月、通常版は同3月となる予定だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. まるで電話のような感覚で会話できるキッズ向けトランシーバー「SONY ICB-1500 WALKIE-TALKIE(My first SONY)」
  2. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  3. 失明の危機を救う治療用コンタクトレンズを開発
  4. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  5. 1.5インチOLED搭載——Raspberry Pi用オーディオDACボード「NanoSound DAC 2」
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. エネルギー密度を倍増できるリチウムイオン充電池——固体電解質相間界面の改良に成功
  8. 爆速ボクシング! 秒速25発パンチ編
  9. ソラコム、接点入力対応のLPWAボタンデバイス「SORACOM LTE-M Button Plus」を発売
  10. アルテック、MakerBotの3Dプリンター「METHOD」の取り扱いを発表——ヒートチャンバー、デュアルパフォーマンスエクストルーダーを採用

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る