新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Google、新IoTプラットフォーム「Android Things」発表

Googleは、Android Developersのブログに「IoT開発プラットフォームに関するアップデート」と題した記事を投稿し、Android用の新IoTプラットフォーム「Android Things」を発表した。

Android Thingsは、IoT向けOSとして2015年にリリースされた「Project Brillo」をその前身としている。Project Brilloで得られたフィードバックを元に、Android StudioやAndroid SDK、Google PlayやGoogleクラウドプラットフォームなどを統合するものだ。

また、GoogleのIoT向けの共通言語プラットフォームである「Weave」とも連携する。Weaveは、スマートIoT照明「Philips Hue」やスマートサーモスタット、スマートロックなど、スマートホーム関連を中心に、利用するデバイスが増えているという。

Android Thingsを利用することで、Android開発者にとっては使い慣れたAndroid APIやGoogleサービスを利用して、Weaveプロトコルによりクラウドを意識しない開発ができることになり、これは大きなメリットだろう。現在、Android Thingsの公式サイトなどで開発者プレビュー版を公開している。

photo

Googleは、Android Things対応デバイスとして、NXP Pico、Raspberry Pi 3、Intel Edisonの3機種のサポートを公表した。また、Weaveのライブラリを拡充し、AndroidおよびiOS向けのモバイルアプリケーションAPIを提供するとしており、Android Things+Weaveをスマートデバイスのスタンダードへという、そのエコシステム戦略の一端を明らかにしている。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る