新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Google、新IoTプラットフォーム「Android Things」発表

Googleは、Android Developersのブログに「IoT開発プラットフォームに関するアップデート」と題した記事を投稿し、Android用の新IoTプラットフォーム「Android Things」を発表した。

Android Thingsは、IoT向けOSとして2015年にリリースされた「Project Brillo」をその前身としている。Project Brilloで得られたフィードバックを元に、Android StudioやAndroid SDK、Google PlayやGoogleクラウドプラットフォームなどを統合するものだ。

また、GoogleのIoT向けの共通言語プラットフォームである「Weave」とも連携する。Weaveは、スマートIoT照明「Philips Hue」やスマートサーモスタット、スマートロックなど、スマートホーム関連を中心に、利用するデバイスが増えているという。

Android Thingsを利用することで、Android開発者にとっては使い慣れたAndroid APIやGoogleサービスを利用して、Weaveプロトコルによりクラウドを意識しない開発ができることになり、これは大きなメリットだろう。現在、Android Thingsの公式サイトなどで開発者プレビュー版を公開している。

photo

Googleは、Android Things対応デバイスとして、NXP Pico、Raspberry Pi 3、Intel Edisonの3機種のサポートを公表した。また、Weaveのライブラリを拡充し、AndroidおよびiOS向けのモバイルアプリケーションAPIを提供するとしており、Android Things+Weaveをスマートデバイスのスタンダードへという、そのエコシステム戦略の一端を明らかにしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 電子工作マニア向け——プリント基板のパターンが印刷された定規「Zero Ruler V2」
  3. 子供が作っておウチで役立つIoT——実践型電子工作教材「PRO-CUBE」
  4. 全員FW!サッカー盤と電動ドリルを合体させてみた
  5. Autodesk、Fusion 360の大型アップデートを実施——シートメタル機能などを追加
  6. エアコンの稼働状況を可視化——家電をIoT化するデバイス「eRemote pro」
  7. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  8. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  9. SLAMナビゲーションも可能——ロボット製作キット「CrazyPi」
  10. 1000円以内で役立つお盆を作ろう! お盆だけに……

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る