新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Autodesk 123Dシリーズが開発終了——Fusion 360等に機能を統合へ

オートデスクは、無料で利用できる3D CADソフトウェア「Autodesk 123D Design」を含む「Autodesk 123D」シリーズの開発を終了すると発表した。2017年3月31日で新規ダウンロードを終了し、「Tinkercad」「Fusion 360」「Autodesk ReMake」などに機能を統合する。

Autodesk 123Dシリーズには、前述の3Dモデリングソフト「Autodesk 123D Design」、3Dモデルを2Dにスライスする「Autodesk 123D Make」、写真データをもとに3Dデータを作成できる「Autodesk 123D Catch」、iPadなどのモバイル端末で3Dスカルプトモデリングができる「Autodesk 123D Sculpt+」がある。

同社が提供するソフトウェア群のラインアップが複雑になってきたことから、ラインアップの構成を見直してワークフローをよりシンプルなものにするため、開発を終了するとの判断に至ったとしている。

同社Facebookページによると、開発終了に伴い、123D Designと123D Makeの機能はクラウドベースの 3D CAD/CAMソフト「Fusion 360」に統合されていくことになる。123D Catchは写真やスキャンデータから3Dメッシュを作成できる「Autodesk Remake」が、123D Sculpt+はWebベースのシンプルな3Dデザイン/プリントソフト「Tinkercad」やPCベースの高機能3Dキャラクタ/アニメーション作成ソフト「Maya」が代替になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る