新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Autodesk 123Dシリーズが開発終了——Fusion 360等に機能を統合へ

オートデスクは、無料で利用できる3D CADソフトウェア「Autodesk 123D Design」を含む「Autodesk 123D」シリーズの開発を終了すると発表した。2017年3月31日で新規ダウンロードを終了し、「Tinkercad」「Fusion 360」「Autodesk ReMake」などに機能を統合する。

Autodesk 123Dシリーズには、前述の3Dモデリングソフト「Autodesk 123D Design」、3Dモデルを2Dにスライスする「Autodesk 123D Make」、写真データをもとに3Dデータを作成できる「Autodesk 123D Catch」、iPadなどのモバイル端末で3Dスカルプトモデリングができる「Autodesk 123D Sculpt+」がある。

同社が提供するソフトウェア群のラインアップが複雑になってきたことから、ラインアップの構成を見直してワークフローをよりシンプルなものにするため、開発を終了するとの判断に至ったとしている。

同社Facebookページによると、開発終了に伴い、123D Designと123D Makeの機能はクラウドベースの 3D CAD/CAMソフト「Fusion 360」に統合されていくことになる。123D Catchは写真やスキャンデータから3Dメッシュを作成できる「Autodesk Remake」が、123D Sculpt+はWebベースのシンプルな3Dデザイン/プリントソフト「Tinkercad」やPCベースの高機能3Dキャラクタ/アニメーション作成ソフト「Maya」が代替になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  2. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  5. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  6. 1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!
  7. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  10. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る