新しいものづくりを応援するメディア

RSS


Autodesk 123Dシリーズが開発終了——Fusion 360等に機能を統合へ

オートデスクは、無料で利用できる3D CADソフトウェア「Autodesk 123D Design」を含む「Autodesk 123D」シリーズの開発を終了すると発表した。2017年3月31日で新規ダウンロードを終了し、「Tinkercad」「Fusion 360」「Autodesk ReMake」などに機能を統合する。

Autodesk 123Dシリーズには、前述の3Dモデリングソフト「Autodesk 123D Design」、3Dモデルを2Dにスライスする「Autodesk 123D Make」、写真データをもとに3Dデータを作成できる「Autodesk 123D Catch」、iPadなどのモバイル端末で3Dスカルプトモデリングができる「Autodesk 123D Sculpt+」がある。

同社が提供するソフトウェア群のラインアップが複雑になってきたことから、ラインアップの構成を見直してワークフローをよりシンプルなものにするため、開発を終了するとの判断に至ったとしている。

同社Facebookページによると、開発終了に伴い、123D Designと123D Makeの機能はクラウドベースの 3D CAD/CAMソフト「Fusion 360」に統合されていくことになる。123D Catchは写真やスキャンデータから3Dメッシュを作成できる「Autodesk Remake」が、123D Sculpt+はWebベースのシンプルな3Dデザイン/プリントソフト「Tinkercad」やPCベースの高機能3Dキャラクタ/アニメーション作成ソフト「Maya」が代替になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  2. 片手でモンスターボールを投げるための装置 #ポケモンGO
  3. スーパーで部品になるお菓子を探す…!
  4. 個人情報の保護と思い出を成仏させるために、SDカードを仏像に閉じ込める
  5. 生命の輝きを機械と漫画で体感する「プリンをプルプルさせるマシン」
  6. これであなたも人気者!ハッピーをまき散らせるDIYバズーカ
  7. 初代はいつもデカくて重い。でも欲しかったポータブルプレーヤー 「SONY Mini Disc Player MZ-2P(MD Walkman)」
  8. ArduinoをRaspberry Piで使いこなす——Raspberry Piに搭載できるArduino互換ボード「πduino(パイデュイーノ)」
  9. 初めてのKickstarterで初めての3Dプリンタを手に入れました ~1万円以下、激安3Dプリンタのその後
  10. ワイヤレスで組み合わせていろいろなものが作れる子供向け電子工作パッケージ「Plezmo」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る