新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Autodesk 123Dシリーズが開発終了——Fusion 360等に機能を統合へ

オートデスクは、無料で利用できる3D CADソフトウェア「Autodesk 123D Design」を含む「Autodesk 123D」シリーズの開発を終了すると発表した。2017年3月31日で新規ダウンロードを終了し、「Tinkercad」「Fusion 360」「Autodesk ReMake」などに機能を統合する。

Autodesk 123Dシリーズには、前述の3Dモデリングソフト「Autodesk 123D Design」、3Dモデルを2Dにスライスする「Autodesk 123D Make」、写真データをもとに3Dデータを作成できる「Autodesk 123D Catch」、iPadなどのモバイル端末で3Dスカルプトモデリングができる「Autodesk 123D Sculpt+」がある。

同社が提供するソフトウェア群のラインアップが複雑になってきたことから、ラインアップの構成を見直してワークフローをよりシンプルなものにするため、開発を終了するとの判断に至ったとしている。

同社Facebookページによると、開発終了に伴い、123D Designと123D Makeの機能はクラウドベースの 3D CAD/CAMソフト「Fusion 360」に統合されていくことになる。123D Catchは写真やスキャンデータから3Dメッシュを作成できる「Autodesk Remake」が、123D Sculpt+はWebベースのシンプルな3Dデザイン/プリントソフト「Tinkercad」やPCベースの高機能3Dキャラクタ/アニメーション作成ソフト「Maya」が代替になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  2. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  3. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  4. オーム社、「いまからはじめるNC工作 Jw_cadとNCVCでかんたん切削」第2版発刊
  5. 重さ2.5kgでレーザー刻印もオプションで可能——ポータブル3Dプリンター「Migo」
  6. 機械学習に必要なPythonの基礎を解説——翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」発刊
  7. ケーブル接続してスマートフォンで操作——ホビー向けワイヤレス制御モジュール「ELIO」
  8. PCケースをチューンアップできる——ArduinoベースのPCケースコントローラー「urPC」
  9. 単身赴任のムカイさんへ。ドイツで役立つグッズを1000円で作りました!
  10. MESH、Raspberry Piに対応したMESHハブアプリケーションを配布開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る