新しいものづくりがわかるメディア

RSS


何度墜落してもすぐ飛行可能になるレース用FPVドローン「MiniRaceWing」

搭載カメラで撮影した飛行映像を楽しめるFPV(First Person View:一人称視点)ドローンが登場してきている。そうした分野の新製品として、レース用FPVドローン「MiniRaceWing」のプロジェクトがKickstarterで始動した。

3度墜落した後のMiniRaceWing 3度墜落した後のMiniRaceWing

MiniRaceWingの特徴は、衝突に強いこと。胴体はカーボン製で、墜落時もカメラやラジコン装置などを保護する。胴体にそのまま取り付けられるため、カメラなどの取り替えは数分もあれば完了するという。

さらに衝突時の衝撃を軽減するため、主翼の取付部の形状にこだわった。衝突したら主翼が胴体から外れ、衝撃を逃がすように設計してある。

主翼の取り外しが簡単で、主翼を取り外すと500×300×80mmのサイズに納まり、持ち運びにも向いている。あらかじめカーボンプレートにナットを取り付けてあるため、ボルトを締めるだけで組み立てられる。

翼長950mm、全長300~400mmで、重量は450~900g。149ユーロ(約1万8000円)の支援で入手できる。出荷予定は2017年3月。日本への送料は10ユーロ(約1200円)となる。

ただし、2017年1月1日にプロジェクトを立ち上げ、5日までに集まった金額は約4900ユーロ(約60万円)。目標金額は8万ユーロ(約980万円)で、プロジェクト期間は1月30日までだ。

なお、MiniRaceWingは重量が200g以上となることから、いわゆる「ドローン規制法」(改正航空法)の対象となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る