新しいものづくりがわかるメディア

RSS


重さから食品や消耗品の残量を把握し、買い物リストを自動的に作成する「Shoppers List」

食品や消耗品の重さを量って残量を判断し、買い物リストを自動的に作成してくれるスマートホームデバイス「Shoppers List」がIndiegogoに登場した。

photo

Shoppers Listは、3インチ(約76mm)角の小型スケール(はかり)「mini weight pad」と、スケールで量った重さをスマートフォンに送信するアンテナ装置「Shoppers List Antenna」で構成されるスマートホームデバイスだ。

photo

mini weight padを台所や食品棚などに敷き、その上に食品や消耗品を置いておけば、残量が不足したアイテムのリストがスマートフォンのアプリに自動的に作成される。また、新たにリスト入りしたアイテムがあれば即座に、それを伝えるための通知音が鳴る。そのため、食品や消耗品の買い忘れ防止に役立つという。

photo

mini weight padはマグネットで連結できるため、バスケットのような大きな器に入れた物の量も計量できる。また、耐水性や耐低温性があり、浴室などの多湿環境のほか、冷蔵庫や冬の屋外などの低温環境でも使える。マイクロプロセッサとBluetoothモジュールを搭載し、3Vのボタン電池(CR2032)で12カ月動く。

photo

Shoppers Listは2017年1月下旬までクラウドファンディングを実施。12月30日時点では、目標額の1000ドル(約12万円)に対して、約520ドル(約6万1000円)を集めている。

Shoppers Listの販売価格は、mini weight padの数に応じて変わる。10個付きが94ドル(約1万1000円)、30個付きが234ドル(約2万7000円)、60個付きが444ドル(約5万2000円)、90個付きが654ドル(約7万7000円)となる。出荷は2017年9月以降の予定で、日本への送料は無料だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 現役理学療法士が開発——リハビリ向け筋力測定デバイス「Power gauge」
  2. 世界最大の航空機「Stratolaunch」が初飛行に成功
  3. 3サイズで各種素材に対応——レーザー刻印機やCNC彫刻機にもなる3Dプリンター「Snapmaker 2.0」
  4. 3D CADと3Dプリンターでルアーを作るワークショップから、ゲルを使って暮らしを裕にするひみつ道具を作るハッカソンまで(5月24日~)
  5. Raspberry PiでAlexaのスキルを開発——スペクトラム・テクノロジー「はじめてのAlexa開発キット」発売
  6. エアフィルターとカメラ、照明が追加できる——3Dプリンター「Creality CR-10/10S」用ケース「PrintBox」
  7. Azure IoT Plug and Playに対応——STマイクロ、IoTセンサーモジュール「SensorTile.box」を発表
  8. あらゆる機器をIoT化——JIG-SAW、IoT組み込みエンジン「neqtoエンジン」の提供開始
  9. ハードウェア×ネコ愛のスタートアップ、ハチたま・ネコトイレ「トレッタ」の戦略
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る