新しいものづくりがわかるメディア

RSS


重さから食品や消耗品の残量を把握し、買い物リストを自動的に作成する「Shoppers List」

食品や消耗品の重さを量って残量を判断し、買い物リストを自動的に作成してくれるスマートホームデバイス「Shoppers List」がIndiegogoに登場した。

photo

Shoppers Listは、3インチ(約76mm)角の小型スケール(はかり)「mini weight pad」と、スケールで量った重さをスマートフォンに送信するアンテナ装置「Shoppers List Antenna」で構成されるスマートホームデバイスだ。

photo

mini weight padを台所や食品棚などに敷き、その上に食品や消耗品を置いておけば、残量が不足したアイテムのリストがスマートフォンのアプリに自動的に作成される。また、新たにリスト入りしたアイテムがあれば即座に、それを伝えるための通知音が鳴る。そのため、食品や消耗品の買い忘れ防止に役立つという。

photo

mini weight padはマグネットで連結できるため、バスケットのような大きな器に入れた物の量も計量できる。また、耐水性や耐低温性があり、浴室などの多湿環境のほか、冷蔵庫や冬の屋外などの低温環境でも使える。マイクロプロセッサとBluetoothモジュールを搭載し、3Vのボタン電池(CR2032)で12カ月動く。

photo

Shoppers Listは2017年1月下旬までクラウドファンディングを実施。12月30日時点では、目標額の1000ドル(約12万円)に対して、約520ドル(約6万1000円)を集めている。

Shoppers Listの販売価格は、mini weight padの数に応じて変わる。10個付きが94ドル(約1万1000円)、30個付きが234ドル(約2万7000円)、60個付きが444ドル(約5万2000円)、90個付きが654ドル(約7万7000円)となる。出荷は2017年9月以降の予定で、日本への送料は無料だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る