新しいものづくりがわかるメディア

RSS


重さから食品や消耗品の残量を把握し、買い物リストを自動的に作成する「Shoppers List」

食品や消耗品の重さを量って残量を判断し、買い物リストを自動的に作成してくれるスマートホームデバイス「Shoppers List」がIndiegogoに登場した。

photo

Shoppers Listは、3インチ(約76mm)角の小型スケール(はかり)「mini weight pad」と、スケールで量った重さをスマートフォンに送信するアンテナ装置「Shoppers List Antenna」で構成されるスマートホームデバイスだ。

photo

mini weight padを台所や食品棚などに敷き、その上に食品や消耗品を置いておけば、残量が不足したアイテムのリストがスマートフォンのアプリに自動的に作成される。また、新たにリスト入りしたアイテムがあれば即座に、それを伝えるための通知音が鳴る。そのため、食品や消耗品の買い忘れ防止に役立つという。

photo

mini weight padはマグネットで連結できるため、バスケットのような大きな器に入れた物の量も計量できる。また、耐水性や耐低温性があり、浴室などの多湿環境のほか、冷蔵庫や冬の屋外などの低温環境でも使える。マイクロプロセッサとBluetoothモジュールを搭載し、3Vのボタン電池(CR2032)で12カ月動く。

photo

Shoppers Listは2017年1月下旬までクラウドファンディングを実施。12月30日時点では、目標額の1000ドル(約12万円)に対して、約520ドル(約6万1000円)を集めている。

Shoppers Listの販売価格は、mini weight padの数に応じて変わる。10個付きが94ドル(約1万1000円)、30個付きが234ドル(約2万7000円)、60個付きが444ドル(約5万2000円)、90個付きが654ドル(約7万7000円)となる。出荷は2017年9月以降の予定で、日本への送料は無料だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ビットを本体に格納できる——ペン型マルチ工具「ツールペン mininch」
  2. しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」
  3. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. 即座に型取りして真空成型できる——慶應義塾大学、インタラクティブバキュームフォームシステム「ProtoMold(プロトモールド)」を開発
  6. ソーテック社、プログラム言語Pythonの学習書「詳細! Python 3 入門ノート」を発刊
  7. ソフトロボットへの応用も——印刷技術による薄く柔軟なモーターを開発
  8. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  9. 3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ
  10. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る