新しいものづくりがわかるメディア

RSS


「020」番号帯、M2Mサービス専用番号として創設

総務省は、M2Mサービス等専用の電気通信番号として020番号帯を創設し、それに伴う関連省令等を改正したことを発表した。

M2Mなどで利用できる番号帯は、020—0および020—4番号帯を除く020台。現在、発信者課金無線呼出し(ポケベルなど)用の番号として使用されている020—4番号帯はそのまま継続し、020—1~3及び020—5~9番号帯をM2M等専用番号に利用可能とするものだ。

photo

対象となる範囲は上図にあるように基本的にはパケット通信を利用するサービスで、パケット通信でも「利用者間で送受信を行うSMS」や「利用者が番号を認識できる音声通信など」を伴うものは対象外となり、従来通り070番号となる。

今回のM2M専用番号ではユニバーサルサービスに係る負担金が不要になる。すでに090/080/070番号をM2Mサービスに使用している場合は継続使用できるが、こちらはユニバーサルサービスの課金対象だ。

施行は2017年1月1日から。実際に020番号が利用可能となるには、電気通信事業者からの020番号指定の申請、総務省の審査/指定、およびに電気通信事業者側でのシステム改修が必要となるが、キャリア各社は2017年10月以降順次利用開始をアナウンスしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ドバイ警察、空飛ぶバイク「Scorpion3」を導入予定
  2. 直感的にロボットを作れる——モーターモジュール「Keigan Motor」の一般販売を開始
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  7. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  8. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スマホで家電の電源をON/OFF——スマートプラグ「ePlug」発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る