新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IDC、2016年の世界のIoT市場は17.9%成長し7370億ドル規模と発表

米調査会社IDCは、2016年の世界のIoT市場は17.9%成長し、7370億ドル(約85兆3000億円)になるとの予測を発表した。また、2015年からの5年間は年平均15.6%で成長し、2020年に1兆2900億ドル(約149兆円)に達すると予測している。

2016年の産業別では、製造業が1780億ドル(約20兆6000億円)でトップ、運輸業が780億ドル(約9兆300億円)、電気など公益事業が690億ドル(約7兆9900億円)と続く。2016年に4位だったコンシューマ向けIoT市場は、2020年までに3位になると予測される。特に、コネクテッドカーやスマートビルディングといったあらゆる産業でのユースケースが想定される領域には、今後の5年間で投資が拡大するとみている。

1位となった製造業分野では、製造オペレーションへの1025億ドル(約11兆9000億円)を筆頭に、設備資産管理や保守メンテナンス、フィールドサービスまで幅広い領域に及んでいる。2位となった運輸業では、運送貨物のモニタリングに559億ドル(約6兆4700億円)が投資されている。3位の公益事業では、電力とガス供給のスマートグリッドに578億ドル(約6兆6900億円)となっている。

一方で、コンシューマ向けスマートホーム市場の大きな成長を予測しており、2020年までの5年間で現状の倍以上となる630億ドル(約7兆3000億円)に達し、トップセグメントに食い込むと見込んでいる。

そのほか、保険関連でのテレマティクス分野、ヘルスケア関連業でのリモートモニタリングなどで、IoTの活用が急拡大すると予測し、小売業ではオムニチャンネルの運用やデジタルサイネージなどへの利用が進んでいるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 3D CADを活用したものづくりの核心に迫る——「Fusion 360 Masters」発刊
  2. 回路の製作や実験に役立つ——「基本電子部品大事典」発刊
  3. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  4. グラデ出力がきれい! 色表現豊かな3Dプリンター「ダヴィンチJr. 2.0 Mix」
  5. レーザー刻印にCNC彫刻、プロッターにもなる1台4役の3Dプリンター「MAG ICreatum」
  6. 社会に求められるファブ施設とは——ものづくりから始まるコミュニティの在り方
  7. テクノロジー好き必見!AI・IoTなど注目の先端技術を無料でリッチに学べる体験型展示——TEPIA 先端技術館
  8. かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神
  9. 42個のキーを備え持ち運びに便利——Arduino互換のキーパッド「42-Digit SPI Keypad Matrix」
  10. 表情を変え、しゃべって歌う——等身大の美少女ロボット「足立レイ」制作計画

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る