新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IDC、2016年の世界のIoT市場は17.9%成長し7370億ドル規模と発表

米調査会社IDCは、2016年の世界のIoT市場は17.9%成長し、7370億ドル(約85兆3000億円)になるとの予測を発表した。また、2015年からの5年間は年平均15.6%で成長し、2020年に1兆2900億ドル(約149兆円)に達すると予測している。

2016年の産業別では、製造業が1780億ドル(約20兆6000億円)でトップ、運輸業が780億ドル(約9兆300億円)、電気など公益事業が690億ドル(約7兆9900億円)と続く。2016年に4位だったコンシューマ向けIoT市場は、2020年までに3位になると予測される。特に、コネクテッドカーやスマートビルディングといったあらゆる産業でのユースケースが想定される領域には、今後の5年間で投資が拡大するとみている。

1位となった製造業分野では、製造オペレーションへの1025億ドル(約11兆9000億円)を筆頭に、設備資産管理や保守メンテナンス、フィールドサービスまで幅広い領域に及んでいる。2位となった運輸業では、運送貨物のモニタリングに559億ドル(約6兆4700億円)が投資されている。3位の公益事業では、電力とガス供給のスマートグリッドに578億ドル(約6兆6900億円)となっている。

一方で、コンシューマ向けスマートホーム市場の大きな成長を予測しており、2020年までの5年間で現状の倍以上となる630億ドル(約7兆3000億円)に達し、トップセグメントに食い込むと見込んでいる。

そのほか、保険関連でのテレマティクス分野、ヘルスケア関連業でのリモートモニタリングなどで、IoTの活用が急拡大すると予測し、小売業ではオムニチャンネルの運用やデジタルサイネージなどへの利用が進んでいるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  2. Intel、自社のIoT戦略を支えてきた開発ボード「Galileo」、「Edison」、「Joule」の生産中止を発表
  3. 造形サイズ1立方メートル超——大型FFF方式3Dプリンター「BigRep ONE」国内販売開始
  4. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  5. HP初の産業用3Dプリンター「Jet Fusion 3D」シリーズ、国内8月発売
  6. 1000円以内で21世紀のてるてる坊主を作ってみよう!
  7. 新技術と伝統工芸でハイテクおみやげを作る——メ~テレのハッカソンイベント「メイキン クエスト」6月22日オンエア
  8. ソケットに差し込むだけでセキュリティシステムができる——Wi-Fi対応カメラ内蔵LEDライト「Tovnet」
  9. ノバルス、乾電池型IoT機器「MaBeee」用アプリ「MaBeee Racing」と「MaBeee Train」をリリース
  10. スリーエム ジャパン、「3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB」に面積2.3倍の大判サイズと10枚入りタイプを追加

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る