新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソースのドローツール「Inkscape」がバージョンアップ

SVG(Scalable Vector Graphics)フォーマットをネイティブでサポートするフリーのドローツール「Inkscape」の最新版ver0.92が公開された。

Inkscapeは、Windows、Mac OS X、Linuxで動作するクロスプラットフォームのオープンソースソフトウェアで、W3C オープン規格のSVGを始め、AI、EPS、PDF、PS、PNGなど多くのファイル形式をサポートする。プロフェッショナルデザイナーからメイカーまで幅広いユーザーに利用されており、Adobe IllustratorやCorelDRAWなど高価な市販ツールにも引けを取らない機能を持っている。

今回公開された最新のver0.92では、新機能としてメッシュグラデーションが使えるようになり、よりフォトリアリスティックな表現が可能となった。パスへの多彩なエフェクトが加わり、ペンシルツールはインタラクティブなスムージングが追加されている。さらに、すべての描写エレメントはオブジェクトダイアログから直接管理できるようになるなど、ユーザーインターフェースも改良されている。

また、パッケージの導入に関しては、Linux環境ではsnapsが用意され、MacOS環境ではMacPortsによる管理に対応するなど、以前よりインストールが容易になった。

新機能追加のほか、CSSスタンダート準拠に関連した重要な変更として、デフォルトの解像度が90dpiから96dpiに変更されている。以前のバージョンで作成したファイルを開く際には解像度に関するダイアログボックスが表示されるので、注意が必要だ。またツール開発者向けの注意として、ビルド環境はAutotoolsからCMakeへと変更されている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  4. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  5. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  6. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  7. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  8. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  9. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  10. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る