新しいものづくりがわかるメディア

RSS


オープンソースのドローツール「Inkscape」がバージョンアップ

SVG(Scalable Vector Graphics)フォーマットをネイティブでサポートするフリーのドローツール「Inkscape」の最新版ver0.92が公開された。

Inkscapeは、Windows、Mac OS X、Linuxで動作するクロスプラットフォームのオープンソースソフトウェアで、W3C オープン規格のSVGを始め、AI、EPS、PDF、PS、PNGなど多くのファイル形式をサポートする。プロフェッショナルデザイナーからメイカーまで幅広いユーザーに利用されており、Adobe IllustratorやCorelDRAWなど高価な市販ツールにも引けを取らない機能を持っている。

今回公開された最新のver0.92では、新機能としてメッシュグラデーションが使えるようになり、よりフォトリアリスティックな表現が可能となった。パスへの多彩なエフェクトが加わり、ペンシルツールはインタラクティブなスムージングが追加されている。さらに、すべての描写エレメントはオブジェクトダイアログから直接管理できるようになるなど、ユーザーインターフェースも改良されている。

また、パッケージの導入に関しては、Linux環境ではsnapsが用意され、MacOS環境ではMacPortsによる管理に対応するなど、以前よりインストールが容易になった。

新機能追加のほか、CSSスタンダート準拠に関連した重要な変更として、デフォルトの解像度が90dpiから96dpiに変更されている。以前のバージョンで作成したファイルを開く際には解像度に関するダイアログボックスが表示されるので、注意が必要だ。またツール開発者向けの注意として、ビルド環境はAutotoolsからCMakeへと変更されている。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  2. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  3. ゲームをつくって楽しもう——高校生向けPython入門書「ゲームを作りながら楽しく学べるPythonプログラミング」発刊
  4. ROSでロボットを動かそう——「Raspberry Piで学ぶ ROSロボット入門」発刊
  5. 「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン
  6. 炭素繊維の用途が広がるか——LLNL、炭素繊維を複雑な形状での3Dプリントに成功
  7. レーザー刻印機やCNC彫刻機に——1台3役の全金属製3Dプリンタ「Snapmaker」
  8. 世の中の偏差値を下げろ!「頭の悪いメカ発表会」
  9. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  10. 独SIEMENSの産業用IoTゲートウェイ、Arduinoストアでも販売開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る