新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」

3Dプリンタ/レーザーカッター/CNCミルとして使えるハイブリッド加工機「Optimus」がIndiegogoに登場した。

Optimusは、デルタ型3DプリンタからXYテーブル型レーザーカッター/CNCミルに変形する複合加工機だ。垂直方向に造形エリアが広くできるデルタ型のメリットと、水平方向に加工エリアが広くできるXY型テーブルのメリットとを両立させたのが最大の特徴だ。

耐久性テストの様子 耐久性テストの様子

一般的な3Dプリンタは、CNC加工機に必要とされるほどの高いボディ剛性は備えていない。Optimusはボディにアルミニウムを採用することで耐久性を高め、振動を抑えている。また主要部品であるスチールロッド径を12mmに、タイミングベルト幅を10mmとすることで強度を高め、CNC加工機としても十分な強度を確保しているという。 

リアルタイムでの変形作業の様子

モジュールの組立て/分解を500回以上繰り返すテストでも、パフォーマンスに劣化がなかったという。自動キャリブレーション機能を備えているため組立て後には調整は不要で、変形作業は10分程度で完成するという。

マシンの操作はタッチパネルで行うが、Wi-Fi接続に対応しており、Androidアプリからでも操作できる。アプリを利用すれば、例えばデザインをアプリで撮影してgコードに変換/送信し、レーザー刻印するような使い方ができる。

デルタ型FFF方式3Dプリンタとしての本体サイズは390×350×650mm、プリントサイズは最大φ240×300mm、積層ピッチは50~300μm。使用可能なフィラメントは径1.75mmのPLA/ABS/PETG/PC/HIPSなどだ。レーザーカッター/CNCとしての最大ワークサイズはそれぞれ500×500mm/400×400×80mmとなる。

Optimusは3月中旬までクラウドファンディングを実施。2月15日時点で、目標額の5万ドル(約571万円)を大幅に上回る約10万ドル(約1140万円)を集めている。

3Dプリンタのみや、3Dプリンタ/レーザーカッターの2in1タイプなどが用意されており、レーザーヘッドは0.5/2/5/10Wのオプションがある。フル機能の3in1タイプ(レーザー:2W)は1579ドル(約18万円)で入手できる。出荷は2017年3月の予定で、送料15ドル(約1700円)で日本への出荷に対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る