新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」

3Dプリンタ/レーザーカッター/CNCミルとして使えるハイブリッド加工機「Optimus」がIndiegogoに登場した。

Optimusは、デルタ型3DプリンタからXYテーブル型レーザーカッター/CNCミルに変形する複合加工機だ。垂直方向に造形エリアが広くできるデルタ型のメリットと、水平方向に加工エリアが広くできるXY型テーブルのメリットとを両立させたのが最大の特徴だ。

耐久性テストの様子 耐久性テストの様子

一般的な3Dプリンタは、CNC加工機に必要とされるほどの高いボディ剛性は備えていない。Optimusはボディにアルミニウムを採用することで耐久性を高め、振動を抑えている。また主要部品であるスチールロッド径を12mmに、タイミングベルト幅を10mmとすることで強度を高め、CNC加工機としても十分な強度を確保しているという。 

リアルタイムでの変形作業の様子

モジュールの組立て/分解を500回以上繰り返すテストでも、パフォーマンスに劣化がなかったという。自動キャリブレーション機能を備えているため組立て後には調整は不要で、変形作業は10分程度で完成するという。

マシンの操作はタッチパネルで行うが、Wi-Fi接続に対応しており、Androidアプリからでも操作できる。アプリを利用すれば、例えばデザインをアプリで撮影してgコードに変換/送信し、レーザー刻印するような使い方ができる。

デルタ型FFF方式3Dプリンタとしての本体サイズは390×350×650mm、プリントサイズは最大φ240×300mm、積層ピッチは50~300μm。使用可能なフィラメントは径1.75mmのPLA/ABS/PETG/PC/HIPSなどだ。レーザーカッター/CNCとしての最大ワークサイズはそれぞれ500×500mm/400×400×80mmとなる。

Optimusは3月中旬までクラウドファンディングを実施。2月15日時点で、目標額の5万ドル(約571万円)を大幅に上回る約10万ドル(約1140万円)を集めている。

3Dプリンタのみや、3Dプリンタ/レーザーカッターの2in1タイプなどが用意されており、レーザーヘッドは0.5/2/5/10Wのオプションがある。フル機能の3in1タイプ(レーザー:2W)は1579ドル(約18万円)で入手できる。出荷は2017年3月の予定で、送料15ドル(約1700円)で日本への出荷に対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  6. 通常のハイスペック3Dプリンタの4倍速で出力できるという光造形3Dプリンタ「B9 Core」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. 筋電義手からVRに進出したexiii——これまでに得たものと、これからのこと
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る