新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで電子工作を高機能化——「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」発刊

技術評論社は、「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」を4月11日に発刊する。電子工作で動画、音声、Wi-Fiを扱ってみたい人や、Raspberry Piでモータやセンサをリアルタイム制御したい人に適しているという。

PICマイコンは、1つのチップ内にCPU、メモリ、タイマ、A/Dコンバータ、各種インターフェースなどを収めた8ビットマイコンだ。センサやモータなどリアルタイム性が要求される制御に適しているが、ネットワーク接続や動画処理など複雑なプログラミングを必要とする処理を実装するのは容易ではない。

そこで本書では、Raspberry PiをPICマイコン用の「高機能な電子部品」として使うための必要最小限を解説する。具体的にはOSのインストール、最低限のシェルコマンド、GPIOの使い方を解説、その後「おしゃべり時計」、「赤外線リモコン付インターネットラジオ」、「データロガー」、「リモコンカメラ」、「リモコンカー」と、電子工作の製作を重点的に解説する。

Raspberry Pi側ついては、基本的に公開されているプログラムを使用し、簡単な設定を記述するだけで使えるようにしている。解説例のプログラムコードや回路図などはサポートページからダウンロードできる。また、掲載される電子工作キットや組立済み製品はビット・トレード・ワンより4月上旬に発売予定だ。

著者は、「PIC活用ガイドブック」や「電子工作の素」などの著書がある後閑哲也氏。B5変形判384ページで、価格は2480円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. クソリプに塩を撒くマシーンを作って、全てを清める
  2. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  3. ディスプレイの中に3Dイメージが浮かび上がる——3D疑似ホログラムディスプレイ「Looking Glass」
  4. 最大造形サイズ610 x 1400 x 800mm——80万円で買える大型FFF方式3Dプリンター「MacroMAKEiT」
  5. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 技術評論社、「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」発刊へ
  8. 魚の飼育や水耕栽培に活用、Raspberry Pi用インターフェース「BioControle」
  9. 断面の角度設定や円形切り出しも可能——万能カッターツール「Perfect Cut」
  10. グローバルシャッターや赤外線カメラにも——着脱式のマシンビジョンカメラ「OpenMV Cam H7」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る