新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで電子工作を高機能化——「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」発刊

技術評論社は、「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」を4月11日に発刊する。電子工作で動画、音声、Wi-Fiを扱ってみたい人や、Raspberry Piでモータやセンサをリアルタイム制御したい人に適しているという。

PICマイコンは、1つのチップ内にCPU、メモリ、タイマ、A/Dコンバータ、各種インターフェースなどを収めた8ビットマイコンだ。センサやモータなどリアルタイム性が要求される制御に適しているが、ネットワーク接続や動画処理など複雑なプログラミングを必要とする処理を実装するのは容易ではない。

そこで本書では、Raspberry PiをPICマイコン用の「高機能な電子部品」として使うための必要最小限を解説する。具体的にはOSのインストール、最低限のシェルコマンド、GPIOの使い方を解説、その後「おしゃべり時計」、「赤外線リモコン付インターネットラジオ」、「データロガー」、「リモコンカメラ」、「リモコンカー」と、電子工作の製作を重点的に解説する。

Raspberry Pi側ついては、基本的に公開されているプログラムを使用し、簡単な設定を記述するだけで使えるようにしている。解説例のプログラムコードや回路図などはサポートページからダウンロードできる。また、掲載される電子工作キットや組立済み製品はビット・トレード・ワンより4月上旬に発売予定だ。

著者は、「PIC活用ガイドブック」や「電子工作の素」などの著書がある後閑哲也氏。B5変形判384ページで、価格は2480円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 90年代のソニーイズムを表現したスクエア型CDラジカセ 「SONY PERSONAL CD SYSTEM CFD-K10 PRESH」
  2. 納期はたったの1週間! Rhizomatiks Researchの迅速な開発を支えるデジタルツール
  3. Arduinoで信号や踏切を動かそう——鉄道模型の実験ができる「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」発売
  4. デュアルマイコンでプロジェクト開発をサポート——Arduino Nano搭載の開発ボード「tuBoard」
  5. 大型物品の3Dプリント素材にセルロースを使用
  6. ハンドメイド作業が楽々——手を傷つけない「くるくるペンカッター」
  7. レーザー刻印やペイントブラシも——マルチツール対応デスクトップ加工機「TooliG3」
  8. TI、デスクトップ3Dプリンター/3Dスキャナー向けDLP Picoコントローラー発表
  9. ポータブルでも音は本格派——4音ポリフォニックシンセサイザー「Modal SKULPT」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る