新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで電子工作を高機能化——「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」発刊

技術評論社は、「PICと楽しむRaspberry Pi活用ガイドブック」を4月11日に発刊する。電子工作で動画、音声、Wi-Fiを扱ってみたい人や、Raspberry Piでモータやセンサをリアルタイム制御したい人に適しているという。

PICマイコンは、1つのチップ内にCPU、メモリ、タイマ、A/Dコンバータ、各種インターフェースなどを収めた8ビットマイコンだ。センサやモータなどリアルタイム性が要求される制御に適しているが、ネットワーク接続や動画処理など複雑なプログラミングを必要とする処理を実装するのは容易ではない。

そこで本書では、Raspberry PiをPICマイコン用の「高機能な電子部品」として使うための必要最小限を解説する。具体的にはOSのインストール、最低限のシェルコマンド、GPIOの使い方を解説、その後「おしゃべり時計」、「赤外線リモコン付インターネットラジオ」、「データロガー」、「リモコンカメラ」、「リモコンカー」と、電子工作の製作を重点的に解説する。

Raspberry Pi側ついては、基本的に公開されているプログラムを使用し、簡単な設定を記述するだけで使えるようにしている。解説例のプログラムコードや回路図などはサポートページからダウンロードできる。また、掲載される電子工作キットや組立済み製品はビット・トレード・ワンより4月上旬に発売予定だ。

著者は、「PIC活用ガイドブック」や「電子工作の素」などの著書がある後閑哲也氏。B5変形判384ページで、価格は2480円(税別)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る