新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IT企業のIoT開発を支援——ハードウェア開発のコーチングプログラムを提供開始

RTCインクはIT企業向けに、IoTデバイスなどの開発支援とハードウェア開発のコーチングを同時に実施する「IT企業がIoT開発をはじめられる!ハードウェアのコーチングプログラム」の提供を開始した。

IT企業がIoT端末などのハードウェア開発に取り組もうとすると、回路や筐体の設計、デザイン、量産時のコスト設計など、IT企業では知見の少ない領域が多く、端末などの開発が外注先に丸投げとなるため、開発のノウハウが蓄積されない。同プログラムを利用することで、IT企業はハードウェア開発プロジェクトを進めながら、開発に必要な知識を身につけることができる。

同プログラムでは、ハードウェア開発のコーチを受けながら、実際のIoT端末などの開発を進めていく。回路設計などの詳細技術よりも、外注先を活用しながら、企画/設計/開発を主導するために必要な知識の吸収をメインに行う。

デジタル端末の開発経験を積んだスタッフがコーチ役となり、製品を開発しながら、商品企画、回路や構造の設計、デザイン、稼動試作、製品量産というプロセスに沿って企画開発のポイントを解説していく。また、ポイントごとに開発の支援も実施する。

同プログラムに従って製品の開発を終えるころに、自社内でハードウェアの企画開発をマネジメントできるようになるのがゴールだ。IoT以外のハードウェアも対象となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Zeroでスマートホーム——コーディング不要のIoTプラットフォーム「Strawberry4Pi」
  2. 自宅でコーヒー豆が焙煎できる——熱風式焙煎機「ホームロースター」
  3. 3連メーターが男心をくすぐった東芝が送り出したモノラルラジカセ「TOSHIBA RADIO CASSETTE RECORDER RT-570F ACTAS-570」
  4. 20ジャンル以上のハンドメイド体験が楽しめる——ものづくり体験施設「MONOTORY」が横浜駅東口にオープン
  5. DIP16ピンでArduino Zero互換——32bit「Atmel SAMD21」搭載の小型開発ボード「uChip」
  6. ファナック製CNCに対応した工作機械向けプロトコルコンバーター「FBR-100AN」
  7. 機械学習で3Dプリントの精度を飛躍的に向上させる技術
  8. IoTシステムをDIY感覚で設計できる——6社共同オープンソースプロジェクト「Degu」発足
  9. ソニーの「SPRESENSE」に無線LANを追加——IDY、Wi-Fiアドオンボード「iS110B」発売
  10. ハイレゾ音源を再生できる——+Style、超小型IoTボード「SPRESENSE」シリーズを発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る