新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IT企業のIoT開発を支援——ハードウェア開発のコーチングプログラムを提供開始

RTCインクはIT企業向けに、IoTデバイスなどの開発支援とハードウェア開発のコーチングを同時に実施する「IT企業がIoT開発をはじめられる!ハードウェアのコーチングプログラム」の提供を開始した。

IT企業がIoT端末などのハードウェア開発に取り組もうとすると、回路や筐体の設計、デザイン、量産時のコスト設計など、IT企業では知見の少ない領域が多く、端末などの開発が外注先に丸投げとなるため、開発のノウハウが蓄積されない。同プログラムを利用することで、IT企業はハードウェア開発プロジェクトを進めながら、開発に必要な知識を身につけることができる。

同プログラムでは、ハードウェア開発のコーチを受けながら、実際のIoT端末などの開発を進めていく。回路設計などの詳細技術よりも、外注先を活用しながら、企画/設計/開発を主導するために必要な知識の吸収をメインに行う。

デジタル端末の開発経験を積んだスタッフがコーチ役となり、製品を開発しながら、商品企画、回路や構造の設計、デザイン、稼動試作、製品量産というプロセスに沿って企画開発のポイントを解説していく。また、ポイントごとに開発の支援も実施する。

同プログラムに従って製品の開発を終えるころに、自社内でハードウェアの企画開発をマネジメントできるようになるのがゴールだ。IoT以外のハードウェアも対象となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向けpHATサイズ拡張基板「ゼロワン」第4弾4製品を発売へ
  3. Arduino NANOサイズにArm Cortex Mコアを搭載——ワンボードマイコン「SuperNanoシリーズ」
  4. Raspberry Piとシリアル通信を使用した計測/制御が可能——シリアル拡張ボード「RPi-GP60」
  5. 実食! 3Dプリンターで飴細工を出力してみた——砂糖が素材のフードプリンターが生まれるまで
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 大人も子どもも、おじいさんも 3Dプリンターが紡ぐコミュニティ——「FAB 3D CONTEST 2018」最終審査&授賞式レポート
  9. 陶土で造形できるデルタ型セラミック3Dプリンター「CERAMBOT」
  10. 新技術ADAM方式を採用——3D Printing、金属3Dプリンター「Metal X」の国内出荷を開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る