新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IT企業のIoT開発を支援——ハードウェア開発のコーチングプログラムを提供開始

RTCインクはIT企業向けに、IoTデバイスなどの開発支援とハードウェア開発のコーチングを同時に実施する「IT企業がIoT開発をはじめられる!ハードウェアのコーチングプログラム」の提供を開始した。

IT企業がIoT端末などのハードウェア開発に取り組もうとすると、回路や筐体の設計、デザイン、量産時のコスト設計など、IT企業では知見の少ない領域が多く、端末などの開発が外注先に丸投げとなるため、開発のノウハウが蓄積されない。同プログラムを利用することで、IT企業はハードウェア開発プロジェクトを進めながら、開発に必要な知識を身につけることができる。

同プログラムでは、ハードウェア開発のコーチを受けながら、実際のIoT端末などの開発を進めていく。回路設計などの詳細技術よりも、外注先を活用しながら、企画/設計/開発を主導するために必要な知識の吸収をメインに行う。

デジタル端末の開発経験を積んだスタッフがコーチ役となり、製品を開発しながら、商品企画、回路や構造の設計、デザイン、稼動試作、製品量産というプロセスに沿って企画開発のポイントを解説していく。また、ポイントごとに開発の支援も実施する。

同プログラムに従って製品の開発を終えるころに、自社内でハードウェアの企画開発をマネジメントできるようになるのがゴールだ。IoT以外のハードウェアも対象となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  2. 視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」
  3. 記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」
  4. 自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」
  5. それ、ラズパイでつくれるよ——ホームオートメーションもできるよ
  6. Raspberry Pi Zero Wに対応——マイナビ出版、「たのしいラズパイ電子工作ブック Zero W対応」発刊へ
  7. 500dpiで刻印できる——40/50W密閉型CO2レーザー加工機「Beambox」
  8. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  10. ひと目でときめく小さな世界——「田中智 ミニチュアワールド—Face to Face もっとそばに—」(銀座)

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る