新しいものづくりがわかるメディア

RSS


十字キー+ABボタンでゲームを自作——ARMマイコン搭載ゲームコンソール「Pokitto」

ARM Cortex-M0+マイコンを搭載した携帯型ゲームコンソール「Pokitto」が、Kickstarterで支援を募っている。

photo

なぜか日本語で小枝を折る音「ぽきっと」と名付けられたPokittoは、十字キーとABボタンを備え、90年代に大ヒットした携帯型ゲーム機を思わせるデザインのゲームコンソールだ。

photo

レトロなデザインとは裏腹に、ARM Cortex-M0+マイコンを搭載しており、クラウドベースの開発環境mbed.orgでプログラミングできる。Micro SDカードをサポートし、PCと接続すればUSBフラッシュドライブとして認識されるので、特別なドライバーなどは不要だ。

photo

また、毎秒800万ピクセルのデータ転送が可能(理論値)だという専用バスで接続する2インチカラーTFTディスプレイを搭載し、最大220×176ピクセルの表示が可能だ。

photo

さらに、本体上部には拡張用のヘッドコネクターが用意されており、I2C通信を始め、外部とのインターフェースに利用できるという。インストラクションやチュートリアルなどは、Pokitto.comからフリーで提供する予定とのことだ。

photo

その他、8bit DACによるヘッドホン/内蔵スピーカー出力を備え、リチウムポリマー充電池はフルチャージで約8時間プレイできる。ABS製ケースのカラーは、アップル/ペパーミント/ピンク/タンジェリンを用意する。

photo

Pokittoは、5月29日までクラウドファンディングを実施。5月2日時点で、既に目標額の1万ドル(約112万円)を上回る約1万3000ドル(約146万円)を集めている。

photo

価格は、半田付けなどは不要のDIYキットが49ドル(約5490円)、完成品が54ドル(約6050円)。完成品には、ゲームとソフトウェアのサンプルが入った2GBのSDカードが付属する。8月の出荷を予定しており、日本への送料はDIYキットが7ドル(約785円)、完成品は6ドル(約673円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi Set第2弾——RSコンポーネンツ、カメラやディスプレイなどをセットにした「Autumn Set」5種類を発売
  2. Raspberry Piでソフトラジオを作ろう——三馬力、「RTL-SDRとRaspberry Piではじめようソフトウェアラジオ」発刊
  3. ハードウェアこそが日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. micro:bitでロボットプログラミング——モジュラー式組み立てロボットキット「Qdee Robot Kit」
  6. レゴ、高さ1mの「ヴェスタス風力発電タービン」を発売——環境問題への取り組みを強調
  7. NASAも駆け込む鉄工所、ヒルトップが考える試作開発とは
  8. 3Dプリントで全ての人に住宅を——建築用3Dプリンタープロジェクト「Open House」
  9. ハードウェアこそが、日本が世界で戦える武器になる——Makers Boot Campの挑戦
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——日本語音声認識もできるよ!

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る