新しいものづくりがわかるメディア

RSS


十字キー+ABボタンでゲームを自作——ARMマイコン搭載ゲームコンソール「Pokitto」

ARM Cortex-M0+マイコンを搭載した携帯型ゲームコンソール「Pokitto」が、Kickstarterで支援を募っている。

photo

なぜか日本語で小枝を折る音「ぽきっと」と名付けられたPokittoは、十字キーとABボタンを備え、90年代に大ヒットした携帯型ゲーム機を思わせるデザインのゲームコンソールだ。

photo

レトロなデザインとは裏腹に、ARM Cortex-M0+マイコンを搭載しており、クラウドベースの開発環境mbed.orgでプログラミングできる。Micro SDカードをサポートし、PCと接続すればUSBフラッシュドライブとして認識されるので、特別なドライバーなどは不要だ。

photo

また、毎秒800万ピクセルのデータ転送が可能(理論値)だという専用バスで接続する2インチカラーTFTディスプレイを搭載し、最大220×176ピクセルの表示が可能だ。

photo

さらに、本体上部には拡張用のヘッドコネクターが用意されており、I2C通信を始め、外部とのインターフェースに利用できるという。インストラクションやチュートリアルなどは、Pokitto.comからフリーで提供する予定とのことだ。

photo

その他、8bit DACによるヘッドホン/内蔵スピーカー出力を備え、リチウムポリマー充電池はフルチャージで約8時間プレイできる。ABS製ケースのカラーは、アップル/ペパーミント/ピンク/タンジェリンを用意する。

photo

Pokittoは、5月29日までクラウドファンディングを実施。5月2日時点で、既に目標額の1万ドル(約112万円)を上回る約1万3000ドル(約146万円)を集めている。

photo

価格は、半田付けなどは不要のDIYキットが49ドル(約5490円)、完成品が54ドル(約6050円)。完成品には、ゲームとソフトウェアのサンプルが入った2GBのSDカードが付属する。8月の出荷を予定しており、日本への送料はDIYキットが7ドル(約785円)、完成品は6ドル(約673円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る