新しいものづくりがわかるメディア

RSS


人工知能をものづくりのツールに——Google、メイカー向けプロジェクト「AIY Projects」を開始

Googleは、ものづくりに人工知能を利用してみたいと考えているメイカー向けプロジェクト「AIY Projects」を開始した。第1弾プロジェクトとして、音声認識機能を実現するオープンソースのリファレンスキット「Voice Kit」をリリースしている。

AIY Projects: Voice Kit

AIY Projectsは、ものづくりプロジェクトに人工知能を使用してみたいと思っているがどこから始めればよいか分からないという人たちのニーズに応えるプロジェクトだ。AIYというネーミングには「DIY人工知能」(Do-it-yourself Artificial Intelligence)という意味が込められている。

AIY Projectsではリファレンスキットを順次リリースする予定。その第1弾が音声認識機能の組み込みを実現するVoice Kitだ。開発者は、人工知能を組み込んで機械と人との対話をより人と人との対話のように自然なものにすることができる。

Voice Kit

Voice Kitのセット内容は、Voice HAT(Hardware Attached on Top)ボード、スピーカー、ボタン、ケーブル、段ボール製組み立て式立方体ケースなど。Raspberry Pi 3やSDカードは別途用意する必要がある。

Voice KitをRaspberry Pi 3に接続して組み立て、SDカードにイメージファイルを書き込んでセットアップすると、Google Assistant SDKやGoogle Cloud Speech APIなどのクラウドサービスを使用して音声で機器を制御できるようになる。Android Things(Googleが発表したIoT向けプラットフォーム)をVoice Kit上で動かしてIoTデバイスの試作品を作ることも可能だ。

AIY Projects: Voice Kit

Voice Kitのパーツ一覧、組み立てガイド、プログラムソースコードなどはAIY Projects専用ウェブサイトで公開中だ。

Voice Kitは、Raspberry Pi公式雑誌「MagPi Magazine」57号の付録として2017年5月4日からイギリスおよびアメリカで入手可能。後日、単体でオンライン購入できるようになる見込みだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 充電10分で約400km走行可能なEV向けリン酸鉄リチウム電池を開発——安全でコバルトを含まず低コスト
  2. 完全オフグリッドのコンテナハウスが登場——太陽光と風力で自家発電し雨水を生活用水に利用
  3. スイッチサイエンス、ピンのステータスをLEDで表示できる「Raspberry Pi用 GPIOスクリューターミナルHAT」を発売
  4. スイッチサイエンス、「M5Stack用DDSユニット」を発売
  5. プログラム初心者が「勉強しよう!」と思ったらすぐ始められる、「micro:bit basic」
  6. スイッチサイエンス、Arm Cortex-M0+搭載のArduino互換マイコン「Seeeduino XIAO」を発売
  7. 趣味から仕事まで使える!Raspberry Pi(ラズパイ)の使い方とオススメキット
  8. DMM.make AKIBA、工房機能を8月末に終了。今後はコワーキングスペース中心の運営に
  9. ラズパイでピザ窯制御——秋葉原にIoTピザ屋台「おとめし」が登場
  10. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る