新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コミュニケーションロボット「BOCCO」が荷物到着をお知らせ——ユカイ工学と宅配ロッカー大手が連携しサービス提供へ

コミュニケーションロボットベンチャーのユカイ工学と、宅配ロッカーの大手であるフルタイムシステムが業務提携を発表した。ユカイ工学のコミュニケーションロボット「BOCCO」を使った「ロボットが荷物到着を知らせてくれるサービス」を7月1日に開始予定だ。

両社の連携の第一弾となる新サービスは、フルタイムシステムの宅配ロッカーからの荷物の情報をBOCCOを介して通知するもの。BOCCOは共働き家庭での活用が多いため、宅配ボックスの利用者との親和性も高いと見込んだサービスだ。

利用するにはまず、BOCCOアプリ内の外部サービス連携機能である「BOCCOチャンネル」(5月下旬公開予定)で「フルタイムシステム」との連携を設定する。

フルタイムシステムの宅配ロッカー「フルタイムロッカー」に荷物が入ると、宅内のBOCCOに着荷情報が通知され、荷物が届いたことをBOCCOが発話。外出先のユーザーのスマートフォンにも着荷情報のメッセージが通知される。

フルタイムロッカーは、フルタイムシステムが開発したコンピューター式のロッカーで、遠隔操作により扉が開錠できたり、滞留荷物(3日以上ロッカーに保管)の取り出しを促進する通知を行うなどの機能を備え、分譲マンションを中心に設置されている。

今後ユカイ工学では、宅内のセンサと連動した在宅状況の把握などといった新たなサービスも提案していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  4. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  5. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  6. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  7. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  8. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. ロボットへの好奇心を刺激する——ロボットプログラミングが学べる3輪ロボットキット「Robby」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る