新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コミュニケーションロボット「BOCCO」が荷物到着をお知らせ——ユカイ工学と宅配ロッカー大手が連携しサービス提供へ

コミュニケーションロボットベンチャーのユカイ工学と、宅配ロッカーの大手であるフルタイムシステムが業務提携を発表した。ユカイ工学のコミュニケーションロボット「BOCCO」を使った「ロボットが荷物到着を知らせてくれるサービス」を7月1日に開始予定だ。

両社の連携の第一弾となる新サービスは、フルタイムシステムの宅配ロッカーからの荷物の情報をBOCCOを介して通知するもの。BOCCOは共働き家庭での活用が多いため、宅配ボックスの利用者との親和性も高いと見込んだサービスだ。

利用するにはまず、BOCCOアプリ内の外部サービス連携機能である「BOCCOチャンネル」(5月下旬公開予定)で「フルタイムシステム」との連携を設定する。

フルタイムシステムの宅配ロッカー「フルタイムロッカー」に荷物が入ると、宅内のBOCCOに着荷情報が通知され、荷物が届いたことをBOCCOが発話。外出先のユーザーのスマートフォンにも着荷情報のメッセージが通知される。

フルタイムロッカーは、フルタイムシステムが開発したコンピューター式のロッカーで、遠隔操作により扉が開錠できたり、滞留荷物(3日以上ロッカーに保管)の取り出しを促進する通知を行うなどの機能を備え、分譲マンションを中心に設置されている。

今後ユカイ工学では、宅内のセンサと連動した在宅状況の把握などといった新たなサービスも提案していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  4. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  5. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  6. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  7. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  8. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  9. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  10. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る