新しいものづくりがわかるメディア

RSS


コミュニケーションロボット「BOCCO」が荷物到着をお知らせ——ユカイ工学と宅配ロッカー大手が連携しサービス提供へ

コミュニケーションロボットベンチャーのユカイ工学と、宅配ロッカーの大手であるフルタイムシステムが業務提携を発表した。ユカイ工学のコミュニケーションロボット「BOCCO」を使った「ロボットが荷物到着を知らせてくれるサービス」を7月1日に開始予定だ。

両社の連携の第一弾となる新サービスは、フルタイムシステムの宅配ロッカーからの荷物の情報をBOCCOを介して通知するもの。BOCCOは共働き家庭での活用が多いため、宅配ボックスの利用者との親和性も高いと見込んだサービスだ。

利用するにはまず、BOCCOアプリ内の外部サービス連携機能である「BOCCOチャンネル」(5月下旬公開予定)で「フルタイムシステム」との連携を設定する。

フルタイムシステムの宅配ロッカー「フルタイムロッカー」に荷物が入ると、宅内のBOCCOに着荷情報が通知され、荷物が届いたことをBOCCOが発話。外出先のユーザーのスマートフォンにも着荷情報のメッセージが通知される。

フルタイムロッカーは、フルタイムシステムが開発したコンピューター式のロッカーで、遠隔操作により扉が開錠できたり、滞留荷物(3日以上ロッカーに保管)の取り出しを促進する通知を行うなどの機能を備え、分譲マンションを中心に設置されている。

今後ユカイ工学では、宅内のセンサと連動した在宅状況の把握などといった新たなサービスも提案していくとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る