新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT機器を迅速かつ柔軟に開発——クラウド接続型の低価格STM32開発ボード「STM32L4 Discovery kit IoT node」

STマイクロエレクトロニクスは、IoTノード開発用に、高い接続性を備えたSTM32マイコン開発ボード「STM32L4 Discovery kit IoT node」を発表した。低消費電力無線通信機能や各種センサーなど豊富な機能を搭載し、柔軟な開発が可能だ。

同製品は、IoT機器の電力/コスト効率に優れたクラウド接続に役立つ開発ボード。高性能/低消費電力の32bitマイクロコントローラSTM32L4とともに、Bluetooth Low Energy(BLE)、Sub-GHz無線(915MHz/868MHzが選択可能)、およびWi-Fi用の各モジュールと、プリント・アンテナを持つダイナミックNFC(Near Field Communication)タグICを搭載する。

9軸MEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)モーションセンサー(加速度センサー、ジャイロ・センサー、地磁気センサー)に、環境センサーとして大気圧センサーと温湿度センサー、MEMSデジタル・マイクロフォン(2個)、およびジェスチャを検知する測距センサーFlightSenseを搭載。ユーザ・インタラクションや環境認識をサポートする。

また、STのX-CUBE-AWS拡張ソフトウェアを使用して、AWS(Amazon Web Services)IoTプラットフォームに接続でき、デバイスの監視や制御、データ解析、機械学習などのクラウド上のツールやサービスを利用できる。今後、その他のクラウド・プロバイダをサポートしていくとともに、IoTソリューション試作開発のためのさまざまなコンポーネントやアプリケーション・サンプルを備えたソフトウェア・ファンクション・パックも追加される予定だ。

中心となるSTM32L475マイコン(80MHz)は、DSP拡張機能を持つARM Cortex-M4プロセッサ、1MBの内蔵Flashメモリ、およびSTの超低消費電力技術により構成されている。業界標準のArduino Uno V3とPmodの拡張コネクタを利用して独自機能を追加することもでき、広範な拡張ボードとの簡単な接続や統合を可能にする。

ST-Linkデバッガ/プログラマを搭載しているため、外付けプローブが不要。ARM Keil MDK-ARM、IAR EWARM、そして無償かつGCC/LLVMベースのAC6 SW4STM32やオンライン・ツールのmbedを含む統合開発環境(IDE)を利用することができる。

同製品は現在、STのウェブサイトまたは販売代理店から入手可能。価格は53.00ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. モデルだけど溶接も極めたい!町工場で板金・溶接の奥深い世界を体験してみた
  2. 1個のセンサーでスマートハウスを実現——IoT向け統合センサーデバイス「Synthetic Sensors」
  3. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  4. 落合陽一が考える日本的美的感覚と身体性による新たな非言語的表現——ジャパニーズテクニウム(永田町)
  5. CQ出版、「コンピュータで一流マシン製作! 3DプリンタとCADの始め方」を発刊
  6. 電源強化しRaspberry Pi 3に対応——電源管理/死活監視モジュール「slee-Pi 2」
  7. 千葉大、世界初となる光でほどける「らせん状人工ナノ線維」の開発に成功
  8. kickstarter、日本発のプロジェクト立ち上げへの対応を発表
  9. わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」
  10. レーザー加工機を完全室内運用できる——小型集塵脱臭機「MIRUKU」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る