新しいものづくりがわかるメディア

RSS


IoT機器を迅速かつ柔軟に開発——クラウド接続型の低価格STM32開発ボード「STM32L4 Discovery kit IoT node」

STマイクロエレクトロニクスは、IoTノード開発用に、高い接続性を備えたSTM32マイコン開発ボード「STM32L4 Discovery kit IoT node」を発表した。低消費電力無線通信機能や各種センサーなど豊富な機能を搭載し、柔軟な開発が可能だ。

同製品は、IoT機器の電力/コスト効率に優れたクラウド接続に役立つ開発ボード。高性能/低消費電力の32bitマイクロコントローラSTM32L4とともに、Bluetooth Low Energy(BLE)、Sub-GHz無線(915MHz/868MHzが選択可能)、およびWi-Fi用の各モジュールと、プリント・アンテナを持つダイナミックNFC(Near Field Communication)タグICを搭載する。

9軸MEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)モーションセンサー(加速度センサー、ジャイロ・センサー、地磁気センサー)に、環境センサーとして大気圧センサーと温湿度センサー、MEMSデジタル・マイクロフォン(2個)、およびジェスチャを検知する測距センサーFlightSenseを搭載。ユーザ・インタラクションや環境認識をサポートする。

また、STのX-CUBE-AWS拡張ソフトウェアを使用して、AWS(Amazon Web Services)IoTプラットフォームに接続でき、デバイスの監視や制御、データ解析、機械学習などのクラウド上のツールやサービスを利用できる。今後、その他のクラウド・プロバイダをサポートしていくとともに、IoTソリューション試作開発のためのさまざまなコンポーネントやアプリケーション・サンプルを備えたソフトウェア・ファンクション・パックも追加される予定だ。

中心となるSTM32L475マイコン(80MHz)は、DSP拡張機能を持つARM Cortex-M4プロセッサ、1MBの内蔵Flashメモリ、およびSTの超低消費電力技術により構成されている。業界標準のArduino Uno V3とPmodの拡張コネクタを利用して独自機能を追加することもでき、広範な拡張ボードとの簡単な接続や統合を可能にする。

ST-Linkデバッガ/プログラマを搭載しているため、外付けプローブが不要。ARM Keil MDK-ARM、IAR EWARM、そして無償かつGCC/LLVMベースのAC6 SW4STM32やオンライン・ツールのmbedを含む統合開発環境(IDE)を利用することができる。

同製品は現在、STのウェブサイトまたは販売代理店から入手可能。価格は53.00ドルだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  4. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  5. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  6. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  7. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  8. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  9. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  10. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る