新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」

箱から出してすぐに使えるデルタ型FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」がIndiegogoに登場。わずか1日で目標額3万ドル(約330万円)の3倍を超える金額を調達し、人気を集めている。

MP Mini Delta

Monoprice Mini Deltaは、159ドル(約1万7700円)と安価でありながらオートレベリング機能やヒートベッドを装備。組み立て済み完成品のため、箱から出してすぐに使える。

MP Mini Delta

苦労してキャリブレーションを行う必要がなく、1.75mm径PLA/ABSフィラメントであればどのメーカーのフィラメントでも使用できる。初心者が使うエントリーモデルとして最適だ。

MP Mini Delta

ビルドプレートの温度は50~100℃、ボーデンエクストルーダーのノズル温度範囲は180~260℃だ。本体ボディには耐久性の高いスチール製フレームを採用し、アルマイト加工を施している。造形サイズは120×120mmで、最小積層ピッチは50μmだ。

本体上部の持ち手部分を除いたサイズは390×390×390mm。本体下部にLCDスクリーンを備え、データはSDカード、USB、Wi-Fi経由でアップロードする。

MP Mini Delta

スライサーソフトCuraが付属するが、RepetierやSimplify3DのほかGcodeを出力できるソフトに対応。データ形式はSTL/OBJ/DAE/AMFをサポートする。対応OSはWindows XP以上(32bit/64bit)、Mac OS X 10.6以上(64bit)、Linuxだ。

Monoprice Mini Deltaは、6月下旬までクラウドファンディングを実施。5月22日時点で、目標額3万ドル(約330万円)の5倍以上の約16万ドル(約1790万円)を集めている。2017年9月の出荷を予定しているが、出荷先はアメリカのみで日本への出荷には対応していない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る