新しいものづくりがわかるメディア

RSS


わずか159ドルのエントリーモデル——デルタ型3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」

箱から出してすぐに使えるデルタ型FFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」がIndiegogoに登場。わずか1日で目標額3万ドル(約330万円)の3倍を超える金額を調達し、人気を集めている。

MP Mini Delta

Monoprice Mini Deltaは、159ドル(約1万7700円)と安価でありながらオートレベリング機能やヒートベッドを装備。組み立て済み完成品のため、箱から出してすぐに使える。

MP Mini Delta

苦労してキャリブレーションを行う必要がなく、1.75mm径PLA/ABSフィラメントであればどのメーカーのフィラメントでも使用できる。初心者が使うエントリーモデルとして最適だ。

MP Mini Delta

ビルドプレートの温度は50~100℃、ボーデンエクストルーダーのノズル温度範囲は180~260℃だ。本体ボディには耐久性の高いスチール製フレームを採用し、アルマイト加工を施している。造形サイズは120×120mmで、最小積層ピッチは50μmだ。

本体上部の持ち手部分を除いたサイズは390×390×390mm。本体下部にLCDスクリーンを備え、データはSDカード、USB、Wi-Fi経由でアップロードする。

MP Mini Delta

スライサーソフトCuraが付属するが、RepetierやSimplify3DのほかGcodeを出力できるソフトに対応。データ形式はSTL/OBJ/DAE/AMFをサポートする。対応OSはWindows XP以上(32bit/64bit)、Mac OS X 10.6以上(64bit)、Linuxだ。

Monoprice Mini Deltaは、6月下旬までクラウドファンディングを実施。5月22日時点で、目標額3万ドル(約330万円)の5倍以上の約16万ドル(約1790万円)を集めている。2017年9月の出荷を予定しているが、出荷先はアメリカのみで日本への出荷には対応していない。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る