新しいものづくりがわかるメディア

RSS


自宅で高級レストランの味を——1℃単位で温度調節できる調理デバイス「Cinder Grill」

1℃単位で温度管理できる調理デバイス「Cinder Grill」がIndiegogoに登場し、注目を集めている。

Cinder Grill

Cinder Grillは、セラミック製プレート全体を均一な温度に保ち食品をむらなく加熱調理できるデバイスだ。肉だけでなく野菜、魚や卵といったあらゆる食材を調理できる。

プレート内部に数千個の極小加熱ノードを配置しており、ノードが加熱出力のオン/オフを繰り返すことで温度を細かく調節する。このため、バーベキュー用鉄板など従来の調理器具で発生する温度のむらがなく、プレート全体で均一な温度を保つことができる。最高で華氏450度(約232.2℃)まで加熱可能だ。

Cinder Grill

利用方法は至って簡単で、ふたを閉めて本体前面のノブを回して温度を設定するだけでよい。BLE(Bluetooth Low Energy)対応のため、iOS版アプリとペアリングすると調理状況をアプリでモニターできる。Android OS版アプリは10月リリース予定としている。

Cinder Grill app

Cinder Grillの特徴の一つは、内部センサーが自動的に食材の厚みを検知してアプリに通知し、アプリが調理完了までに要する時間を予測することだ。また、1℃単位で温度指定できるため、食材を焦がしてしまう心配もない。例えば、肉の表面に焼き目をつけて中はミディアムレアにするといった焼き加減にすることもできる。

調理完了時は、Cinder Grill本体からアラーム音が鳴るかアプリから通知される。調理中に温度調節したり状態をチェックしたりする必要はない。調理後の食材は、2時間近くそのままの温度で保温可能だ。

Cinder Grill

Cinder Grillの本体寸法はふたを閉めた状態で17×13×7インチ(約432×330×178mm)、開けた状態では17×13×18インチ(約432×330×457mm)。プレート寸法は10×9インチ(約254×229mm)で、本体重量は30ポンド(約14kg)だ。

Cinder Grill

Cinder Grillの希望小売価格は499ドル(約5万5000円)。Indiegogoでは割引価格399ドル(約4万4000円)で購入できるキャンペーンなどを提供している。記事執筆時点で、発送先はアメリカおよびカナダのみで、その他の地域への発送には対応していない。

Cinder Grillは、5月下旬までクラウドファンディング中だ。5月19日時点で、目標額5万ドル(約560万円)の4倍以上となる約20万ドル(約2200万円)以上を集めている。出荷は2017年10月を予定している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  4. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  5. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  6. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  7. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  8. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  9. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  10. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る