新しいものづくりがわかるメディア

RSS


100%満足できるフィラメントを作りたい——3Dプリンター用ABS/PLAフィラメント「A1FILAMENT」

3Dプリンター用ABS/PLAフィラメント「A1FILAMENT」がKickstarterで出資を募っている。

photo

開発元によると、出資を元に建設するA1FILAMENTの生産工場は、カーボンニュートラルかつ汚染物質の排出をゼロにし、PLAは完全な生物分解性を備えるものとするとしている。また、生産時の精度を高めることでフィラメント径のばらつきを除去し、既存の精密フィラメントよりも50%の印刷品質の向上が可能だという。また、使用後でも問題があれば返金する100%保証をうたっている。

photo

フィラメントのカラーは16色、径は1.75/3.0mmを用意する。既に政府から、約8400平方メートルの倉庫と工場を4年間レントフリーのオファーを受けているという。また、生産に関する技術やソフトウェアなどは開発済みで、現有資産を利用するとのことだ。

photo

A1FILAMENTは、目標額46万5000ドル(約5120万円)を目指し、7月28日までクラウドファンディングを実施。

価格は2ロール(各1kg)100ドル(約1万1000円)で、色は好きな2色を選べる。送料込みで、コーヒーマグカップ2個がおまけでついてくる。 2017年9月の出荷を予定しており、出荷先はカナダと米国のみに対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  3. ロボットやドローンの近接センサーに——Arduino/Raspberry Pi対応IRセンサーキット「IR Detector」
  4. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  5. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る