新しいものづくりがわかるメディア

RSS


100%満足できるフィラメントを作りたい——3Dプリンター用ABS/PLAフィラメント「A1FILAMENT」

3Dプリンター用ABS/PLAフィラメント「A1FILAMENT」がKickstarterで出資を募っている。

photo

開発元によると、出資を元に建設するA1FILAMENTの生産工場は、カーボンニュートラルかつ汚染物質の排出をゼロにし、PLAは完全な生物分解性を備えるものとするとしている。また、生産時の精度を高めることでフィラメント径のばらつきを除去し、既存の精密フィラメントよりも50%の印刷品質の向上が可能だという。また、使用後でも問題があれば返金する100%保証をうたっている。

photo

フィラメントのカラーは16色、径は1.75/3.0mmを用意する。既に政府から、約8400平方メートルの倉庫と工場を4年間レントフリーのオファーを受けているという。また、生産に関する技術やソフトウェアなどは開発済みで、現有資産を利用するとのことだ。

photo

A1FILAMENTは、目標額46万5000ドル(約5120万円)を目指し、7月28日までクラウドファンディングを実施。

価格は2ロール(各1kg)100ドル(約1万1000円)で、色は好きな2色を選べる。送料込みで、コーヒーマグカップ2個がおまけでついてくる。 2017年9月の出荷を予定しており、出荷先はカナダと米国のみに対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る