新しいものづくりがわかるメディア

RSS


システムクリエイト、国産3Dプリンター「Bellulo」シリーズをリニューアル——500mm角造形対応モデルも追加

システムクリエイトは、国産デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Bellulo」シリーズをリニューアルし、新たに500mm角造形サイズの「Bellulo500」をラインアップに加えた。

Belluloシリーズは、造形精度に関わる駆動部に日本製パーツを多数採用し、国内工場で組み立てている国産3Dプリンターだ。

トップバッターとして登場した200mm角造形対応モデルに加え、2016年1月に機能をリニューアルするとともに400mm角造形対応モデル「Bellulo400」を追加。さらに同年7月には600mm角の「Bellulo600」を追加しており、今回追加の500mm角対応モデルと合わせてラインアップは計4機種となった。

今回のリニューアルで追加された機能は以下の通り(※はオプション):

  • 自動フィラメント交換モード:フィラメント切れを感知すると、ヘッドが自動停止して音声告知。フィラメント切れによる造形失敗の防止。
  • 孔あきテーブル(※):造形直後に熱収縮の関係で生じやすかったABS材料の剥がれ防止。
  • 高温ノズル仕様(※):最大温度350℃の高温仕様ノズル。カーボン/ガラス繊維混入/ポリカーボネイト樹脂など、高強度/高耐熱樹脂による造形にも対応。
photo

また、新たにラインアップされたBellulo500の造形サイズは500×500×500mm、積層ピッチは最小50~400μm。ノズル径は0.5mmだ。本体寸法は735×725×840mm、本体重量は85kg。専用台の寸法は510mm(45kg)となる。

その他、データ入力形式(STL)、データ転送方式(Micro SD/USB)や対応樹脂(1.75mm国産フィラメント/PolyPlus PLA/PolyFlex)などは各ラインアップと共通だ。

スライサーソフト「Simplify3D」のライセンスが付属し、PolyPlus PLA(白/3kg)×1、電源ケーブル×1、USBケーブル×1や工具類などがセットに含まれる。

Bellulo500の本体価格は170万円。オプションは、3㎏用材料スタンド(3万円)、SIMPLIFYライセンス追加(2万4000円)、技術サポート 電話サポートサービス:2万円/年)などがある。(価格はいずれも税抜)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る