新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Microsoft、「Visual Studio Code」のArduino用拡張機能をオープンソース化

Microsoftは、「Visual Studio Code」のArduino用拡張機能をオープンソース化したことを公式ブログで明らかにした。

Visual Studio Codeは、Microsoftが開発したソースコードエディター。OS X、Linux、Windowsに対応しており、30種類以上のプログラミング言語をサポートしている。Visual Studio Codeは、拡張機能をインストールして対応プログラミング言語、デバッガー、ツールなどを追加できるようになっており、その一つがArduino用拡張機能(Visual Studio Code Extension for Arduino)だ。

Microsoft Visual Studio Code Extension for Arduino

Arduino用拡張機能は、「Visual Studio Code Marketplace」からインストールできるが、Microsoftはそのソースコードをオープンソース化しGitHub上で公開した。Arduino用拡張機能は、Arduino公式の統合開発環境「Arduino IDE」との高い互換性と一貫性を保ちつつ、「IntelliSense」によるArduinoスケッチ(プログラム)のコード自動補完、構文色分け、組み込みボードやライブラリマネージャー、よく使うコマンドを呼び出しできるコマンドパレットなどArduinoベースでの開発の利便性を高める機能も追加されている。

Arduino用拡張機能を使うにはArduino IDEバージョン1.6.x以降が必要。Microsoftストアで入手できるバージョンには対応していないので、Arduino公式サイトからダウンロードして導入する必要がある。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 手持ちの3Dプリンターをマルチマテリアル対応に——マルチフィラメントフィーダー「3Dfeedy」
  2. 「Blender 2.9 ガイド&3DCG基本作品制作」刊行、機能や製品製作の仕方を紹介
  3. TAMIYAが2021年上半期の新製品情報を発表——「楽しい工作シリーズ」は新製品5種が登場
  4. 100均ガジェットの中身を見てみよう——工学社、「『100円ショップ』のガジェットを分解してみる!Part2」発刊
  5. ボーイング、飛行機の部品を高級家具へとアップサイクル——かつての戦闘機の射出座席が椅子として購入可能
  6. Raspberry Pi財団、Raspberry Piの最新モデル「Raspberry Pi Pico」を発表 スイッチサイエンスが入荷通知受付を開始
  7. Raspberry Piで指紋認証——静電容量式指紋センサーHAT「PiFinger」
  8. Pythonの生みの親が解説——オライリー、「Pythonチュートリアル 第4版」発刊
  9. トロテック、小型レーザー加工機「Speedy 100/Speedy 300」を日本で販売開始
  10. 昭和のオーディオ界が激震した究極のアナログテープメディア「TDK MA-R」「TDK MA-XG Fermo」「SONY Metal Master」「Maxell Metal Vertex」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る