新しいものづくりがわかるメディア

RSS


活き餌の動きをプログラムで再現する電動ルアー「eMinnow」

DISCOVERは2017年6月28日、カナダeMinnow Holdingの電動ルアー「eMinnow」を発売した。プログラミングにより活き餌(小魚)の動きを再現する完全自動の電動ルアーで、2年間にわたる実証テストを済ませている。

ルアー中心部の構造は、PCBマイクロコントローラー、マイクロ電磁モーター、防水バッテリーコンパートメント(動力源はLR44ボタン電池2個)からなる。eMinnowは水中に入ると起動し、水中から上がると停止する。プログラムによって、一時停止、スピードアップ、スピードダウン、クルージングなどの魚の動きを再現する。さらに、モーター部はクリック音(高調波)を発生し、獲物となる魚を引きつけるという。

eMinnowの取り付け方法は通常のルアーと同じ。活き餌の動きを自動で再現するため、人が竿を動かす必要がなくなるという。つまりルアーでありながら、活き餌の良さを実感できる。釣りのスキルが低い人でも一定の効果を得られるとうたっている。

eMinnowはDISCOVERが運営する動画ショッピングサイトにて購入できる。価格は7800円(税込)から。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 自分のスマホで3Dプリント——300ドル以下で買える光造形方式3Dプリンター「T3D」
  2. マウスピースをくわえて10秒で歯磨き完了——自動電動歯ブラシ「Amabrush」
  3. XYZプリンティング、熱溶融積層方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」の予約販売を開始
  4. ブランドロゴを貼るだけから共通パーツの製造まで 「世界の工場」に見る、製造業のグラデーション
  5. ネックを伸縮させてギタープレイ——全長約320mmのポータブルMIDIギター「Jammy」
  6. プロトラブズ、射出形成サービスの追加成形キャパを月1万個に——製品の垂直立ち上げに対応
  7. アウトドアで使えるイスを1000円で作っちゃおう!
  8. ゲルマニウムからデジタルまでラジオの歴史をたどる——「作って合点!ラジオのしくみNo.5 DSPラジオキット」発売
  9. 第6回 STEM教育には欠かせないコミュニティの存在とマイコンボード「micro:bit」が目指すもの
  10. クリーンなデザインでデスクトップにマッチ——小型FFF方式3Dプリンター「E180」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る