新しいものづくりがわかるメディア

RSS


活き餌の動きをプログラムで再現する電動ルアー「eMinnow」

DISCOVERは2017年6月28日、カナダeMinnow Holdingの電動ルアー「eMinnow」を発売した。プログラミングにより活き餌(小魚)の動きを再現する完全自動の電動ルアーで、2年間にわたる実証テストを済ませている。

ルアー中心部の構造は、PCBマイクロコントローラー、マイクロ電磁モーター、防水バッテリーコンパートメント(動力源はLR44ボタン電池2個)からなる。eMinnowは水中に入ると起動し、水中から上がると停止する。プログラムによって、一時停止、スピードアップ、スピードダウン、クルージングなどの魚の動きを再現する。さらに、モーター部はクリック音(高調波)を発生し、獲物となる魚を引きつけるという。

eMinnowの取り付け方法は通常のルアーと同じ。活き餌の動きを自動で再現するため、人が竿を動かす必要がなくなるという。つまりルアーでありながら、活き餌の良さを実感できる。釣りのスキルが低い人でも一定の効果を得られるとうたっている。

eMinnowはDISCOVERが運営する動画ショッピングサイトにて購入できる。価格は7800円(税込)から。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る