新しいものづくりがわかるメディア

RSS


活き餌の動きをプログラムで再現する電動ルアー「eMinnow」

DISCOVERは2017年6月28日、カナダeMinnow Holdingの電動ルアー「eMinnow」を発売した。プログラミングにより活き餌(小魚)の動きを再現する完全自動の電動ルアーで、2年間にわたる実証テストを済ませている。

ルアー中心部の構造は、PCBマイクロコントローラー、マイクロ電磁モーター、防水バッテリーコンパートメント(動力源はLR44ボタン電池2個)からなる。eMinnowは水中に入ると起動し、水中から上がると停止する。プログラムによって、一時停止、スピードアップ、スピードダウン、クルージングなどの魚の動きを再現する。さらに、モーター部はクリック音(高調波)を発生し、獲物となる魚を引きつけるという。

eMinnowの取り付け方法は通常のルアーと同じ。活き餌の動きを自動で再現するため、人が竿を動かす必要がなくなるという。つまりルアーでありながら、活き餌の良さを実感できる。釣りのスキルが低い人でも一定の効果を得られるとうたっている。

eMinnowはDISCOVERが運営する動画ショッピングサイトにて購入できる。価格は7800円(税込)から。

fabcross for エンジニアより転載)

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TensorflowやPythonの基礎が学べる——初心者向け「AIプログラム学習キット」
  2. 自分の手で組み立てて演奏——中世ヨーロッパの古楽器作成キット「Hurdy-Gurdy」
  3. 小型基板にWi-Fi/BLEを実装——「Raspberry Pi Zero W」国内販売開始
  4. ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい
  5. 【PR】日本最大の工業都市「豊田市」がスタートアップを支援する理由
  6. メイカーズ・ラボとよはし(愛知県豊橋市)
  7. コインサイズのArduino——小型ワンボードマイコン「PICO」
  8. JAXA、国際宇宙ステーション・きぼうの船内ドローン「Int-Ball」の撮影映像を初公開
  9. Raspberry Piで地震を検知——ホーム地震計「Raspberry Shake 4D」
  10. Autodesk Fusion 360に最適——3Dプリント/3D CAD制作向けPC3機種を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る