新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで動作検証済——Techshare、組込み用途向けMicro SDカード発売

TechShareはRaspberry Piの量産顧客向けに、同社の「Physical Computing Lab」ブランドからMicro SDカードを発売した。

同社によると、Raspberry Piを利用する際に最も頻繁に発生するトラブルのひとつはMicro SDカードだという。一般に販売されている民生品のSDカードには、書き込み保証回数が50回程度のものが多く、さらに内部チップが同一ロットであっても変更されているものもあるなど、仕様や品質が安定せず、動作検証を行っていても調達時期によって不具合が生じたり、相性問題が発生する場合があるという。

こうした問題に対処するため、Physical Computing Labブランドの産業向けMicro SDカードでは、NANDチップやコントローラー、ファームウエアが常に同一である製品が製造できるようBOM(部品表)を固定し、長期間に渡り同一仕様、同一品質のMicro SDカードが供給できるようにした。

また、瞬断対応機能を搭載することにより、シャットダウンスイッチのないRaspberry Piで発生するMicro SDカード書き込み中の電源断の際にも、データの破損リスクを抑えることができるという。

さらに、産業向けMicro SDカードでは、社内の検証テストに加え、多くのユーザーテストを実施。利用実績や技術サポート情報を蓄積していくことで、トラブル発生時などの際の状況把握のスピードが上がるとしている。

サンプル価格は、8GBが1480円、16GBが2980円、32GBが3980円、64GBが7980円(いずれも税抜)で、同社のWebストアから購入できる。なお、大口導入の場合は別途確認が必要だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. PCBマスクが手軽にできる——回路パターン転写用プリンター「Litho」
  2. VR用の360度パノラマ撮影ができる——Raspberry Pi用超広角カメラモジュール「VR220」発売
  3. Raspberry Piでニキシー管を使う——15種類のソケットに対応した拡張ボード「Nixie Shield」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. 机に乗る超小型の5軸CNCミリングマシン「Pocket NC」
  6. 人工知能を自宅で学習——CQ出版、「算数&ラズパイから始める ディープ・ラーニング」発刊へ
  7. USBにつなぐだけで、映画館の感動を完全再現——東北産ポータブルスピーカー「OVO」
  8. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  9. 日本の加工技術の高さが映えるクールなチタン製毛抜き「Tweezers of Legend」
  10. 3G/LTE通信ボード「CANDY Pi Lite」が「Raspberry Pi Zero WH」に正式対応

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る