新しいものづくりがわかるメディア

RSS


スマートフォンでプログラムできる——子ども向けロボット組立キット「IronBot Chap」

異なる3つの形態に組み立てることができるロボット組立キット「IronBot Chap」がIndiegogoに登場し、出資を募っている。

photo

IronBot Chapは、8歳児以上を対象とした子ども向けのロボットキットだ。メインボディは、子どもでも組み立てられるよう取扱いに配慮して鋭利な角をとったアルミニウム製で、コントローラー、電源、サーボx3、バッテリーパックとAndroid/iOSで動く専用アプリなどで構成される。

photo

Chapベースキットだけでも、部品の組み合わせを変えることで「Kick the ball」、「Four wheel」、「Cradle head」の3種類のロボットが作れる。

photo

さらに「Mate」拡張パックを購入すれば、「Transformer」、「Wall-E」、「Crane」という異なる形状、機能のロボットを組み上げることができる。

photo

IronBot Chapのプログラミングはスマートフォンのアプリ「Xlink」で行う。機能ブロックを選び、線でつなぐだけで、自律制御から音声認識まで、さまざまなプログラミングが可能だとしている。スマートフォンとの接続はBluetooth 4.0。IronBot Chapは、リチウムイオン電池で3~4時間動く。

photo

IronBot Chapの早期割引価格は49ドル(約5510円 )。色は、赤、青、黒の3種類だ。出荷は10月の予定で、日本への送料は20ドル(約2250円)。拡張キットを含む「Mate+Chap」キットは210ドル(約2万3800円)。日本への送料は34ドル(約3830円)だが、日本語への対応状況は確認が必要だ。

photo

IronBot Chapは8月12日 までクラウドファンディングを実施。7月16日時点で目標の1万ドル(約113万円)に対して、約3000ドル(約33万8000円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 昔のマルスをイメージして、パタパタめくってピンを挿す「路線検索ガジェット」を作った
  2. 西和彦氏がM5Stack上で動作するMSX2のオリジナル公式エミュレーター「MSX 0 stack」を発表
  3. Raspberry Piと公式カメラを1つに——Raspberry Pi 2/3/4B対応ケース「PiShell 2」
  4. Creality製の光造形3Dプリンター「HALOT-ONE PLUS」、サンステラが発売
  5. 透かし彫刻磁器という古くからある芸術形式を3Dプリントし、目の見えない人も見える人も共有可能なデータ形式を作製
  6. 1.54インチ正方形LCD基板「Squary」——「RP2040」または「ESP-12E」を搭載
  7. LEGO、教育用プログラミングロボットシリーズ「マインドストーム」を2022年年内で販売終了
  8. 1970年代に開発された戦車シミュレーターをRaspberry Piでレストア
  9. 工学社が書籍「『Raspberry Pi』から広がる電子工作の世界」を発売
  10. 柔軟な構造の分散型波力発電装置が特許を取得——風に揺れる建物や自動車が走行する道路などからも発電できる可能性

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る