新しいものづくりがわかるメディア

RSS


SLAMナビゲーションも可能——ロボット製作キット「CrazyPi」

SLAM(Simultaneous Localization And Mapping)ナビゲーションも可能なロボット製作キット「CrazyPi」が、Kickstarterで出資を募っている。

CrazyPi

CrazyPiは、ARM Cortex-A7(32ビット、1.2GHz、4コア)ベースのメイン基板を中心に、ロボット制御シールド、カメラ、ジンバル(撮影安定機構)、四輪バギー風シャーシなどを含むキット。メイン基板搭載の16GB ROMにはUbuntu、ROS(Robot Operating System)、ロボティクスアプリケーションをインストール済みのため、リアルタイムビデオストリーミングやモニタリングなどいろいろな用途に使える。

CrazyPi

専用のLiDAR(ライダー:レーザー光を使用した測距システム)モジュール「Crazy LiDAR」も用意しており、Crazy LiDARを使うとSLAMナビゲーションも可能だ。北陽電機など他社製LiDARにも対応しているとのことだ。

CrazyPi
CrazyPi

CrazyPiは、Wi-FiやBluetooth4.0をサポートしており、USIMカードを準備すればモバイル4G通信も可能だという。ただし、これらの無線通信機能を日本国内で使うには技術基準適合証明を受け技適マークが付いていなければならないので、注意が必要だ。

CrazyPi

CrazyPiは、メイン基板の代わりにRaspberry Pi 3を使うこともできる。ロボット制御シールドは、メイン基板用とは異なるRaspberry Pi 3用シールドを用意している。Raspberry Pi 3を使う場合、UbuntuとROSは購入者が準備する必要がありそうだ。

CrazyPi

CrazyPiの早期割引価格は、メイン基板、ロボット制御シールド、カメラ、ジンバル、シャーシ、バッテリーケース、充電器を含む「CrazyPi Basic Explorer Kit」が2008香港ドル(約2万8000円)。CrazyPi Basic Explorer KitにLiDARモジュールを加えた「CrazyPi Advanced Explorer Kit」は3642香港ドル(約5万1000円)だ。

この他、CrazyPi Basic Explorer Kitからメイン基板を除き、ロボット制御シールドをRaspberry Pi用シールドに替えた「Raspberry Pi Basic Kit」の早期割引価格は1499香港ドル(約2万1000円)。メイン基板とLiDARモジュールのみのセット「CrazyPi LiDAR Kit」の価格は1860香港ドル(約2万6000円)となっている。出荷はすべて2017年10月の予定で、日本への送料は149香港ドル(約2100円)だ。

CrazyPiは2017年9月8日までクラウドファンディングを実施。8月14日時点で、目標額20万香港ドル(約280万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る