新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでホームオートメーション——リレー、ADC、DACなど多くのI/Oを搭載するインターフェースボード「Mega-IO」

Raspberry Piにスタックできる基板に、載せられるだけの入出力を満載したインターフェースカード「Mega-IO」がKickstarterに登場、出資を募っている。

Mega-IOは、Raspberry Piに多数のセンサーやリレーを接続できるよう、インターフェースを追加するための拡張ボードだ。

photo 汎用基板を利用するイメージ

開発者によると、ホームオートメーションを構築する要件があり、実現するためにはゾーンヒーティング/ゾーンクーリング/散水用に合計24のリレー、ゾーン温度/土壌湿度の測定用に合計16のアナログ入力、そのほか人感センサーやセキュリティセンサー用に合計24のデジタル入力が必要となったという。これらをRaspberry Piと汎用のリレー基板やインターフェース基板を使って構築するのは、配線が複雑になりすぎて困難だった。

photo

そこで、上記要件をコンパクトに実現するため、オンボードに10A250Vのリレー×8、12bitDAC出力、12bitADC入力×8ch、フォトカプラ入力×8、オープンコレクタ出力×4、GPIO×6を実装するMega-IOの設計に至ったというのがこのプロジェクトの背景だ。Mega-IOを3枚スタックすれば上記要件は達成でき、複雑な配線も不要だ。最大4枚スタックできるスタックジャンパーと外部電源を接続する5Vパワーコネクターも備える。

photo Node-REDを使ったADC入力の例(サーモスタット)

各I/Oにアクセスするために、開発者が作成したコマンドラインユーティリティがダウンロード可能なので、リレーのオン/オフなどすぐに試せるだろう。また基本的な入出力をビジュアルツール「Node-RED」で制御する手順を解説しており、簡単なスクリプトで制御できる。プロジェクトページから、「D/A出力設定」、「A/D入力テスト」、「フォトカプラ入力」、「リレーテスト」のコードがダウンロードできる。

photo 3段スタックした状態

Mega-IOの予定小売価格は39ドル(約4240円)で、今なら数量限定の早期割引価格25ドル(約2720円)で入手できる。出荷は2018年3月になる予定で、日本への送料は6ドル(約653円)だ。

Mega-IOは、1万ドル(約109万円)を目標に10月2日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本人が愛するデザイン——フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展(府中)
  2. スタバでメッセージを書いてもらえない人に贈るマシーン
  3. 自分のスマホで3Dプリント——300ドル以下で買える光造形方式3Dプリンター「T3D」
  4. XYZプリンティング、熱溶融積層方式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチ Color」の予約販売を開始
  5. 春から意識を下げていこう!新社会人を頭が悪い工作で応援してみた
  6. ネックを伸縮させてギタープレイ——全長約320mmのポータブルMIDIギター「Jammy」
  7. プロトラブズ、射出形成サービスの追加成形キャパを月1万個に——製品の垂直立ち上げに対応
  8. ゲルマニウムからデジタルまでラジオの歴史をたどる——「作って合点!ラジオのしくみNo.5 DSPラジオキット」発売
  9. 手書きの質感を再現——ロボティクスアームで精細に描画できるプロッター「XPlotter」
  10. 様々なmaker用途に活用できる——デスクトップ水平多関節型ロボットアーム「Z-Arm」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る