新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piでホームオートメーション——リレー、ADC、DACなど多くのI/Oを搭載するインターフェースボード「Mega-IO」

Raspberry Piにスタックできる基板に、載せられるだけの入出力を満載したインターフェースカード「Mega-IO」がKickstarterに登場、出資を募っている。

Mega-IOは、Raspberry Piに多数のセンサーやリレーを接続できるよう、インターフェースを追加するための拡張ボードだ。

photo 汎用基板を利用するイメージ

開発者によると、ホームオートメーションを構築する要件があり、実現するためにはゾーンヒーティング/ゾーンクーリング/散水用に合計24のリレー、ゾーン温度/土壌湿度の測定用に合計16のアナログ入力、そのほか人感センサーやセキュリティセンサー用に合計24のデジタル入力が必要となったという。これらをRaspberry Piと汎用のリレー基板やインターフェース基板を使って構築するのは、配線が複雑になりすぎて困難だった。

photo

そこで、上記要件をコンパクトに実現するため、オンボードに10A250Vのリレー×8、12bitDAC出力、12bitADC入力×8ch、フォトカプラ入力×8、オープンコレクタ出力×4、GPIO×6を実装するMega-IOの設計に至ったというのがこのプロジェクトの背景だ。Mega-IOを3枚スタックすれば上記要件は達成でき、複雑な配線も不要だ。最大4枚スタックできるスタックジャンパーと外部電源を接続する5Vパワーコネクターも備える。

photo Node-REDを使ったADC入力の例(サーモスタット)

各I/Oにアクセスするために、開発者が作成したコマンドラインユーティリティがダウンロード可能なので、リレーのオン/オフなどすぐに試せるだろう。また基本的な入出力をビジュアルツール「Node-RED」で制御する手順を解説しており、簡単なスクリプトで制御できる。プロジェクトページから、「D/A出力設定」、「A/D入力テスト」、「フォトカプラ入力」、「リレーテスト」のコードがダウンロードできる。

photo 3段スタックした状態

Mega-IOの予定小売価格は39ドル(約4240円)で、今なら数量限定の早期割引価格25ドル(約2720円)で入手できる。出荷は2018年3月になる予定で、日本への送料は6ドル(約653円)だ。

Mega-IOは、1万ドル(約109万円)を目標に10月2日までクラウドファンディングを実施する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  2. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  7. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  8. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スチームパンクなファッションウォッチ——ニキシー管腕時計「Moonracer」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る