新しいものづくりがわかるメディア

RSS


iPadでScratchプログラミング——日経BP、「Pyonkee」を使った入門書「小学生からはじめるわいわいタブレットプログラミング」発刊

日経BPは、「Pyonkee(ピョンキー)」を使ったプログラミング学習書「小学生からはじめるわいわいタブレットプログラミング」を9月25日に発刊する。

Pyonkeeは、MITメディアラボが開発した教育用プログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」をベースとしたビジュアルプログラミングツールだ。開発元はSoftUmeYa(ソフトウメヤ)で、iPadの各種インターフェースが利用できるようになっており、ソースコードはgithubで公開されている。

本書は、プログラムの仕組みを考えて手を動かし、ものづくりの楽しさや面白さを体験できる内容で、小学低学年から楽しめるという。

ピョンキーのインストールから始まり、タブレットの各種センサーやカメラを利用した作品や、複数台のタブレットを使った作品が作れる。また、特別解説では作者がピョンキーの作り方を解説しているので、ソースコードを改変して楽しむこともできるとしている。

小学生向けには、姉妹本の「小学生からはじめるわくわくプログラミング」「同2」と一緒に読むと、よりプログラミングに対する理解が深まるとのことだ。

著者は阿部和広氏、B5/148ページで価格は1944円(税込)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. サンワサプライ、Windows10 IoT Coreに特化した「Raspberry Piセンサーキット」を発売
  2. 毎秒4万回でさくさくカット——ポータブル超音波カッター「WONDERCUTTER」
  3. 自分でゲームを作ろう——Raspberry Piを使ったゲームコンソール「Pip」
  4. 米Techshop、11月15日に倒産——海外拠点には影響なし
  5. 小型なのに高精細——デスクトップにおけるSLA方式小型3Dプリンター「PLUTO」
  6. その数なんと6000種類! 懐かし&希少な「アクリル」に、Maker時代の価値を見た
  7. アルテック、米Desktop Metalの金属3Dプリンター「Studioシステム」の国内販売開始
  8. 15万円で高精度精密加工が可能——デスクトップ型CNCフライス「Routakit M」
  9. ディスプレイ用ワイヤレス給電システム「X-BASE」シリーズ、ハピネットから一般販売
  10. スチームパンクなファッションウォッチ——ニキシー管腕時計「Moonracer」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る