新しいものづくりがわかるメディア

RSS


縦型デザインで200×200×200mmの造形エリアを実現——組み立て式FFF方式3Dプリンター「Kappa」

FFF方式3Dプリンター「Kappa」がKickstarterに登場し、出資を募っている。

photo

Kappaは、ユニボディのアルミニウム製フレームとプリントベッドを中心に構成されるシンプルな縦形の3Dプリンターだ。ホットエンド部の保持にスコットラッセルの厳正直線運動を使ったアームを用いるなど特徴的なデザインを採用する。スコットラッセル機構とオープンボディ形状を採用することで、安価ながら本体サイズに対して十分大きい200×200×200mmの造形エリアを実現している。

photo

組み立て式で、メインフレームと他のモジュールは6本のスクリューで固定、モーターやPCBボードなど電装部品はユニボディ構造の中に格納でき、5分ほどで組み立てられるという。取り外し可能なヒーテッドベッドはマグネットホルダーで簡単に位置決めできるため、再度取り付ける際のキャリブレーションは不要だ。

photo

本体サイズは350×350×650mmで、重さは6kg、プリントエリアは200×200×200mm。積層ピッチは50~350μmで、XY軸位置精度は20μm、最大プリントスピードは200mm/秒で、推奨スピードは60mm/秒だ。径1.75mm、最大温度250度のフィラメントに対応可能で、ノズルの径は0.4mm、ヒーテッドベッドの温度範囲は20~100度だ。

photo

CURA、Simplyfy3D、Slic3rなどのスライサーソフトウェアに対応し、gcodeファイルをサポートする。PCとの接続はUSB/SDカード/Bluetoothが利用できる。

photo

Kappaの予定小売価格は499シンガポールドル(約4万600円)で、今なら数量限定の早期割引適用分が359シンガポールドル(約2万9200円)で入手できる。2018年3月の出荷を予定しているが、現時点では日本は出荷対象国に含まれていない。

Kappaは、10月25日までクラウドファンディングを実施中。9月12日時点で、5万シンガポールドル(約407万円)の目標額に対して約3万4000シンガポールドル(約276万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  4. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  5. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  6. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  7. スタイリッシュに登場した、アポロ宇宙船で活躍したテープコーダーの後継機 「SONY CASSETE-CORDER “Mic in Matic” TC-1000」
  8. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  9. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」
  10. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る