新しいものづくりがわかるメディア

RSS


様々なmaker用途に活用できる——デスクトップ水平多関節型ロボットアーム「Z-Arm」

20万円以下で買えるロボットアーム「Z-Arm」がKickstarterに登場した。

photo

Z-Armは、産業ロボットで使われるスカラ(水平多関節)型を採用して精度を高めたロボットアームだ。ペイロード2kg、精度0.02mmとホビー用途を超える性能を実現している。

photo

ツールヘッドを交換することで、3Dプリンターやレーザー刻印機として利用したり、複数台を組み合わせての小ロット生産にも対応できる。もちろんトーストを焼いたり、コーヒーを淹れたり、ラテアートを描かせることもできる。

photo 電動グリッパーは把持力や位置を調整可能。

Z-Armのツールヘッドは交換可能で、タイプI(3Dプリンティング、ドリル、ドライバー、サクションカップ、電磁チャック)、タイプII (レーザーカッター、ソルダーペースト、ソルダリング)、タイプIII (電動グリッパー、スクリューディスペンサー、ビジュアルキット、第4軸追加)の様々な用途に使うことができる交換ヘッドを用意している。各ヘッドは個別に購入することができる。

photo

Z-Armは高精度ながらも使い易さも配慮されており、スマートフォンやPCのアプリでビジュアルにコントロールしたり、アームを直接手で動かして動作を記憶させるハンドティーチングすることもできる。

photo

Z-Armのサイズは565×250×250mm(高さ×幅×奥行き)、アームのリーチは400mmで、ツールヘッドを保持するアームは360度回転することができる。上下(Z軸)ストロークは210mmで、これを310mmに拡大するエクステンションもオプションで用意する。

photo

Z-Armの早期割引価格は、本体とタイプI 、タイプII 各1個のヘッドが付いて1399ドル(約15万6000円)。ツールヘッドは、タイプIが59ドル(6560円)、IIが149ドル(1万6600円)、IIIが399ドル(4万4400円)の追加で購入できる。出荷は2018年4月の予定で、日本への送料は160ドル(約1万7800円)だ。

Z-Armは10月30日までクラウドファンディングを実施するが、9月19日時点で目標の10万ドル(約1110万円)を達成している。

photo

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  4. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  5. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  6. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  7. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  8. 山口から世界へ——折りたたみ式電動アシスト自転車「e-ANBAI」
  9. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー
  10. ハイブリッドデュオフォニックシンセサイザーDIYキット「HANSY1010」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る