新しいものづくりがわかるメディア

RSS


プロトラブズ、射出形成サービスの追加成形キャパを月1万個に——製品の垂直立ち上げに対応

オンデマンド受託製造サービスのプロトラブズは、同社の射出形成サービスの追加形成サービスの金型あたりの月の生産数上限を1万個まで引き上げた。

同社の射出成形サービスは、アルミ合金金型の製作を含め標準納期10日で対応する機能試験や小ロット生産、先行量産に適したオンデマンド受託製造サービスだ。樹脂射出成形、液状シリコーンゴム成形などに対応する。

昨今の消費者ニーズの多様化により製品ライフサイクルが短縮化し、各企業はより短期間で新製品を市場投入する必要があるが、今回追加成形の生産キャパシティを引き上げることで、新製品の量産垂直立ち上げをサポートするのが狙いだ。

具体的には、追加形成の注文に対して、標準納期の10営業日で最大生産上限を5000個とし、月産、約20営業日の生産上限が1万個となる。従来と比較して67%の対応力アップとなるという。

なお、今回の追加形成サービスの生産数上限アップは、二色成形およびインサート成形部品には適用外となる。また部品の形状やサイズによっては一部の標準成形部品も適用外となる。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  4. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  5. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  6. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  7. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  8. 山口から世界へ——折りたたみ式電動アシスト自転車「e-ANBAI」
  9. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー
  10. ハイブリッドデュオフォニックシンセサイザーDIYキット「HANSY1010」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る