新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サーバーからIoTデバイスの制御が可能に——KCCS、「Sigfox」の下り通信サービス提供開始へ

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、IoTネットワーク「Sigfox(シグフォックス)」の下りネットワークサービスを11月に提供開始する予定だ。

Sigfoxは、IoT向けのLPWA(Low Power Wide Area)通信規格の一つで、軽量なデータによる低価格・低消費電力・長距離伝送を特徴とする。欧米を中心に36カ国で展開されており、日本国内ではKCCSが2月からネットワークサービスを提供している。

海外のSigfoxサービス提供地域では、すでに下りサービスが提供されているが、現在KCCSが提供しているサービスは上り通信のみとなっている。10月1日に施行された920MHz帯無線システムの制度改正に伴い、11月から国内向けの下り通信サービスを提供する。

これにより、上りメッセージに対し、アプリケーションサーバーのRESTプログラムで下りメッセージを返信できるようになるため、IoTデバイスの設定変更、再起動、送信成功通知(ACK)などが可能になる。

また、必要な時だけ下りメッセージでGPSを起動し、デバイスから位置情報を発信するといった使い方をすると、デバイスの低消費電力化と正確な位置情報把握が可能になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  3. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  6. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  7. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  8. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  9. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  10. ドイツ製マジックアイEM800を使用——スペクトラムアナライザー「Magilyzer Mk II」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る