新しいものづくりがわかるメディア

RSS


サーバーからIoTデバイスの制御が可能に——KCCS、「Sigfox」の下り通信サービス提供開始へ

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、IoTネットワーク「Sigfox(シグフォックス)」の下りネットワークサービスを11月に提供開始する予定だ。

Sigfoxは、IoT向けのLPWA(Low Power Wide Area)通信規格の一つで、軽量なデータによる低価格・低消費電力・長距離伝送を特徴とする。欧米を中心に36カ国で展開されており、日本国内ではKCCSが2月からネットワークサービスを提供している。

海外のSigfoxサービス提供地域では、すでに下りサービスが提供されているが、現在KCCSが提供しているサービスは上り通信のみとなっている。10月1日に施行された920MHz帯無線システムの制度改正に伴い、11月から国内向けの下り通信サービスを提供する。

これにより、上りメッセージに対し、アプリケーションサーバーのRESTプログラムで下りメッセージを返信できるようになるため、IoTデバイスの設定変更、再起動、送信成功通知(ACK)などが可能になる。

また、必要な時だけ下りメッセージでGPSを起動し、デバイスから位置情報を発信するといった使い方をすると、デバイスの低消費電力化と正確な位置情報把握が可能になるとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 横にも動けるボルボの新型軍用輸送車両「Scarabée」
  2. 3Dプリンター活用技術検定試験を受けてみた——「ひとりで楽しむ」以上を目指すための良きガイド
  3. 子どもからmakerまでArduinoの活用法を学べる——ステップバイステップ電子ガイドブック「Arduino for Everyone」
  4. ソーテック社、プログラミング初学者向けに「Pythonでつくる ゲーム開発 入門講座」を刊行
  5. 集めたデータをグラフ表示できる——IIJ、個人向けIoTデータ可視化/監視サービス「Machinist」を提供開始
  6. 電子部品をクラウド化——「オーダーメイドPoCキット」シリーズ販売開始
  7. シャーレ上でヒト毛包の生成に成功——3Dプリンターを活用した毛髪再生治療法の研究
  8. スイッチサイエンス、M5Stack製AIカメラとSipeed製AI開発ボードを発売
  9. 80年代のカセットをBluetoothで——Bluetooth 5.0対応カセットプレーヤー「IT'S OK」
  10. MIT、画像認識力を向上させる点群データの識別手法を開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る