新しいものづくりがわかるメディア

RSS


レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」

工業グレードの金属製FFF方式3Dプリンター「Mooz」がKickstarterでクラウドファンディング中だ。

Moozにはベーシックモデルであるカンチレバー型「Mooz-1」に加え、ブリッジ型「Mooz-2」、デルタ型「Mooz-3」の計3つのモデルがある。Mooz-2は高精度プリントが可能で、Mooz-3は高速プリントに向いている。アルミニウム合金製のボディはモジュラー式デザインのため、10分程度で組み立てられるという。

Mooz

Mooz-1とMooz-2は、ヘッド部を交換すればレーザー刻印機またはCNC彫刻機としても使用可能。レーザーヘッドの出力は250mWで、木材、コルク、食品などに刻印を施すことができる。CNCヘッドのスピンドル速度は8000rpm、切削深度は0~5mmだ。

Mooz

Mooz-3はレーザー刻印機やCNC彫刻機として使用できないが、マルチカラープリントに対応している。

Mooz

Mooz-1とMooz-2の大きさは285×285×318mmで、造形サイズは130×130×130mm、ヘッド移動速度は10~80mm/秒。Mooz-3の大きさは直径350×高さ326mmで、造形サイズは100×100mm、ヘッド移動速度は10~150mm/秒だ。いずれも解像度は50~300μmとのことだ。

フィラメントは1.75mm径のPLA、ABS、PC、FLEXなどに対応。ソフトウェアはCura、slic3r、Printrunなどをサポートしている。

Mooz

Moozの早期割引価格は、Mooz-1が239ドル(約2万7000円)で、Mooz-2とMooz-3がそれぞれ289ドル(約3万2000円)。Mooz-1とMooz-2には、オプションでレーザーヘッド、保護メガネ、保護シールドボックスのセットまたはCNC刻印ヘッドを追加できる。オプション価格はそれぞれ79ドル(約8900円)。出荷は2017年11月の予定で、日本への送料は42ドル(約4700円)だ。

Moozは2017年11月16日までクラウドファンディングを実施するが、10月12日時点で目標額5万ドル(約560万円)を上回る約7万9000ドル(約890万円)を既に集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  6. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  7. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  8. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」
  9. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  10. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る