新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機能や目的別に操作方法が引ける——「描きたい操作がすぐわかる! AutoCAD LT操作ハンドブック」発刊

ソーテック社は、2次元CADソフトウェア「AutoCAD LT」の操作方法を機能・目的別に引くことができるガイドブック「描きたい操作がすぐわかる! AutoCAD LT操作ハンドブック」を10月14日に発売する予定だ。

本書は、AutoCAD LTの初心者から、現場で製図に携わる人まで、幅広く利用できる操作方法のハンドブック。初心者から中級者は、基本図形、寸法、文字入力やそれらの編集の基本操作を、リボンを中心にコマンド入力も含めて覚えることができる。また製図・設計の現場では、手元に置いてコマンドやオプションを調べる辞書として活用できる。

ボタン、リボン、メニュー、コマンドラインの操作方法にも対応し、操作の各タイトルにAutoCAD LTの対応バージョンも明記している。本書で対応しているのは、2018/2017/2016/2015/2014/2013の各バージョンで、バージョンにより操作や画面が異なる場合には、それぞれについて図示して説明している。

AutoCAD LTで使えるボタン、コマンドライン、ダイナミック入力、メニューについて、適切な作例をもとに操作を説明している。さまざまな条件で適切なコマンドを使うことで、より効率的で正確な作図ができるようになる。

著者は鈴木孝子氏。A5版、464ページ、2色で、価格は2580円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. 加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」
  7. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  8. FabLab浦和-Beta(埼玉 浦和)
  9. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  10. LEDテープとハーフミラーで作る合わせ鏡——「Desktop Infinity Mirror」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る