新しいものづくりがわかるメディア

RSS


機能や目的別に操作方法が引ける——「描きたい操作がすぐわかる! AutoCAD LT操作ハンドブック」発刊

ソーテック社は、2次元CADソフトウェア「AutoCAD LT」の操作方法を機能・目的別に引くことができるガイドブック「描きたい操作がすぐわかる! AutoCAD LT操作ハンドブック」を10月14日に発売する予定だ。

本書は、AutoCAD LTの初心者から、現場で製図に携わる人まで、幅広く利用できる操作方法のハンドブック。初心者から中級者は、基本図形、寸法、文字入力やそれらの編集の基本操作を、リボンを中心にコマンド入力も含めて覚えることができる。また製図・設計の現場では、手元に置いてコマンドやオプションを調べる辞書として活用できる。

ボタン、リボン、メニュー、コマンドラインの操作方法にも対応し、操作の各タイトルにAutoCAD LTの対応バージョンも明記している。本書で対応しているのは、2018/2017/2016/2015/2014/2013の各バージョンで、バージョンにより操作や画面が異なる場合には、それぞれについて図示して説明している。

AutoCAD LTで使えるボタン、コマンドライン、ダイナミック入力、メニューについて、適切な作例をもとに操作を説明している。さまざまな条件で適切なコマンドを使うことで、より効率的で正確な作図ができるようになる。

著者は鈴木孝子氏。A5版、464ページ、2色で、価格は2580円(税抜)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 17カ国で40万台出荷——逆輸入型スタートアップDmet Productsの「SoundMoovz」が国内販売を開始
  2. LED全盛の今、梨衣名が東京の下町で白熱電球を作ってみた
  3. LEDの光でインターネット接続——Li-Fi対応LEDデスクライト「MyLiFi」
  4. ドライバー1本でトイレに取り付け可能——電池/配線レスのIoTスライドラッチ「SWITCHSTRIKE AIR」
  5. Arduino互換でカスタマイズできる——36キー静電容量式キーパッド「TouchPad」
  6. 小学生が3Dプリンターでものづくり——「子供の科学」3月号は3Dプリンター特集
  7. 白銅、東京理科大、キヤノンMJ、金属3Dプリンター用アルミダイキャスト材料「ADC12」を開発
  8. アポロ宇宙船の操作パネルを忠実に再現——Arduinoベースのオープンソースプロジェクト「Open DSKY」
  9. Raspberry PiやArduinoを採用、約9万円で入手可能な6軸ロボットアーム「Niryo One」
  10. AIスピーカーを自作しよう——CQ出版、「トランジスタ技術 2018年3月号」発刊

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る