新しいものづくりがわかるメディア

RSS


STマイクロ、32bitマイコンベースのBLDCモータードライバー「STSPIN32F0A」を発表

STマイクロエレクトロニクスは、STM32F0マイクロコントローラーとMOSFETハーフブリッジ駆動用ゲートドライバー、3.3V DC/DCスイッチングコンバーター、12V LDO(低損失型リニアレギュレーター)を統合したプログラマブルモータコントローラー「STSPIN32F0A」を発表した。

photo

STSPIN32F0Aは、48MHzクロックの32bit ARM Cortex-M0マイコンSTM32Fをベースに、3相ブラシレスDCモーター(BLDC)向けのハーフブリッジ駆動用ゲートドライバーを、7×7mmのQFNパッケージに組み込んだBLDCモータードライバーだ。

小型パッケージに必要な機能をすべて搭載しているので、内蔵する32KB Flashを使い、BLDC向けにセンサーレス120度通電制御やベクトル制御、位置検出制御などの制御アルゴリズムや、ユーザーが作成したアプリケーションを組み込んで動作させることができる。

また、6.7V~45Vの電圧に対応し、携帯型ロボットやジンバル、ドローンなどに使用される小型電源の2セルLiPoバッテリーなどでも駆動する。

16チャンネルのプログラム可能なI/Oピンとマイコン用ペリフェラルを活用することで、CPU負荷を抑制しながらモーターの逆起電力や位置、ホールセンサーのフィードバック処理などセンサー/センサーレスに関わらず極端に低いモーター回転数でも高精度に制御することができるとしている。

5チャンネルの汎用タイマーとI2C、UART、SPIなどの各種インターフェースを備え、ブートローダーによる無線通信でのファームウェアアップグレードに対応する。

ゲートドライバーICはチャンネル当たり最大600mAの電流の供給が可能で、幅広い種類のパワーMOSFETを選択することができ、さまざまな定格モーターを駆動することができる。マイコンへの電力供給用3.3VDC-DCコンバータとゲートドライバー回路用12V LDOを内蔵しているので、システム設計が簡略化し部品点数も削減できる。

すでに量産を始めており、単価は1000個購入時1個約1.605ドル(約180円)だ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  2. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  5. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  6. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  7. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  8. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表
  9. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  10. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る