新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東芝インフラシステムズ、画像認識技術を用いた多機能画像センサー「SMART EYE SENSOR MULTI」を発売

東芝インフラシステムズは、画像認識技術を用いた多機能画像センサー 「SMART EYE SENSOR MULTI」を発売する。

SMART EYE SENSOR MULTI

SMART EYE SENSOR MULTIは、東芝デバイス&ストレージ製「Visconti2」を搭載した多機能人感センサー。Visconti2は、カメラからの入力映像を画像処理し、人、顔、手、車両などの対象物とその動きを検出する画像認識プロセッサーLSIだ。

例えば、赤外線センサーを使った自動点灯/消灯機能付き照明の場合、人の動きが小さいと消灯してしまうなどの問題があった。SMART EYE SENSOR MULTIは画像情報により人のわずかな動きも検知できるので、屋内で座って仕事をしている人も検知する。周囲の明るさも検知できるので、照明の調光制御にも利用可能だ。

SMART EYE SENSOR MULTI

SMART EYE SENSOR MULTIの検知可能範囲は9×9メートル。検知範囲は最大9つのエリアに分割可能で、検知対象から除外したいエリアを検知しないよう設定(マスク)することもできる。さらに、おおよその人数や活動量を推定できるので、人が歩いているか止まっているかを把握し、照明や空調、エレベーターなどのファシリティ(設備機器)管理に生かすことも可能だ。

SMART EYE SENSOR MULTIを屋内の設備機器やビルエネルギー管理システムと連携させることで、省エネ、快適性、利便性などの向上に貢献できるという。オフィスビルなどのスマートファシリティ化に適した製品と言えるだろう。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  2. 3Dプリンター/レーザー彫刻/CNC彫刻に対応可能な複合機「DOBOT Mooz」一般販売開始
  3. 3Dプリンターと光るフィラメントを使って暗闇合コンしてみた
  4. JavaScriptでプログラミングできる超小型IoTコントローラー「neonious one」
  5. 1970年代のように2進数を手入力——定規に組み込まれた8ビットコンピューター「Digirule2」
  6. 青色レーザーで高精細スキャニング——デスクトップ3Dスキャナーキット「WildCats 3D」
  7. レーザーエネルギー伝送で飛行する昆虫型ロボット「RoboFly」
  8. 乾電池だけでBLEビーコン——乾電池型IoTデバイス「MaBeee ビーコンモデル」
  9. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  10. Wi-Fi/Bluetooth通信モジュールや関連部品を同梱——CQ出版、オールインIoT学習ワークベンチ「PICoT」全部入り版を発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る