新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東芝インフラシステムズ、画像認識技術を用いた多機能画像センサー「SMART EYE SENSOR MULTI」を発売

東芝インフラシステムズは、画像認識技術を用いた多機能画像センサー 「SMART EYE SENSOR MULTI」を発売する。

SMART EYE SENSOR MULTI

SMART EYE SENSOR MULTIは、東芝デバイス&ストレージ製「Visconti2」を搭載した多機能人感センサー。Visconti2は、カメラからの入力映像を画像処理し、人、顔、手、車両などの対象物とその動きを検出する画像認識プロセッサーLSIだ。

例えば、赤外線センサーを使った自動点灯/消灯機能付き照明の場合、人の動きが小さいと消灯してしまうなどの問題があった。SMART EYE SENSOR MULTIは画像情報により人のわずかな動きも検知できるので、屋内で座って仕事をしている人も検知する。周囲の明るさも検知できるので、照明の調光制御にも利用可能だ。

SMART EYE SENSOR MULTI

SMART EYE SENSOR MULTIの検知可能範囲は9×9メートル。検知範囲は最大9つのエリアに分割可能で、検知対象から除外したいエリアを検知しないよう設定(マスク)することもできる。さらに、おおよその人数や活動量を推定できるので、人が歩いているか止まっているかを把握し、照明や空調、エレベーターなどのファシリティ(設備機器)管理に生かすことも可能だ。

SMART EYE SENSOR MULTIを屋内の設備機器やビルエネルギー管理システムと連携させることで、省エネ、快適性、利便性などの向上に貢献できるという。オフィスビルなどのスマートファシリティ化に適した製品と言えるだろう。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  2. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  3. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  4. オーム社、「いまからはじめるNC工作 Jw_cadとNCVCでかんたん切削」第2版発刊
  5. 重さ2.5kgでレーザー刻印もオプションで可能——ポータブル3Dプリンター「Migo」
  6. 機械学習に必要なPythonの基礎を解説——翔泳社、「Pythonで動かして学ぶ! あたらしい機械学習の教科書」発刊
  7. ケーブル接続してスマートフォンで操作——ホビー向けワイヤレス制御モジュール「ELIO」
  8. PCケースをチューンアップできる——ArduinoベースのPCケースコントローラー「urPC」
  9. 単身赴任のムカイさんへ。ドイツで役立つグッズを1000円で作りました!
  10. MESH、Raspberry Piに対応したMESHハブアプリケーションを配布開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る