新しいものづくりがわかるメディア

RSS


東芝インフラシステムズ、画像認識技術を用いた多機能画像センサー「SMART EYE SENSOR MULTI」を発売

東芝インフラシステムズは、画像認識技術を用いた多機能画像センサー 「SMART EYE SENSOR MULTI」を発売する。

SMART EYE SENSOR MULTI

SMART EYE SENSOR MULTIは、東芝デバイス&ストレージ製「Visconti2」を搭載した多機能人感センサー。Visconti2は、カメラからの入力映像を画像処理し、人、顔、手、車両などの対象物とその動きを検出する画像認識プロセッサーLSIだ。

例えば、赤外線センサーを使った自動点灯/消灯機能付き照明の場合、人の動きが小さいと消灯してしまうなどの問題があった。SMART EYE SENSOR MULTIは画像情報により人のわずかな動きも検知できるので、屋内で座って仕事をしている人も検知する。周囲の明るさも検知できるので、照明の調光制御にも利用可能だ。

SMART EYE SENSOR MULTI

SMART EYE SENSOR MULTIの検知可能範囲は9×9メートル。検知範囲は最大9つのエリアに分割可能で、検知対象から除外したいエリアを検知しないよう設定(マスク)することもできる。さらに、おおよその人数や活動量を推定できるので、人が歩いているか止まっているかを把握し、照明や空調、エレベーターなどのファシリティ(設備機器)管理に生かすことも可能だ。

SMART EYE SENSOR MULTIを屋内の設備機器やビルエネルギー管理システムと連携させることで、省エネ、快適性、利便性などの向上に貢献できるという。オフィスビルなどのスマートファシリティ化に適した製品と言えるだろう。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 子ども専用Linuxマシン——誠文堂新光社、Raspberry Pi 3B+ベースのPC「ジブン専用パソコンキット2」発売
  2. ウォークマンのテクノロジーが生かされたソニーのステレオラジカセ 「SONY STEREO CASSETE-CORDER CFS-9(YOKOHAMA REVERS)」
  3. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  4. 地蔵が乗ったモビリティが世界を救う! WHILLの最新モデルをハックする
  5. コーヒーや紅茶を美味しく入れる全自動マグカップ「SmartCup」
  6. ラジオの基礎を学ぼう——CQ出版、1球式無線受信機キット「RR-49」発売
  7. 独BigRep、世界初の3Dプリント電動バイク「NERA」を発表
  8. ファブラボ鎌倉が実践する「必要とされるファブ施設」のあり方とは
  9. 7万円で初心者も使える本格派3Dプリンター Adventurer3実機レビュー
  10. XYZプリンティング、金属製PLA2種と専用高硬度エクストルーダー3種発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る