新しいものづくりがわかるメディア

RSS


従来比約7倍の高速化を実現——高速3Dプリンティングシステム「FastFFF」

米マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、高速出力が可能なデスクトップ高速3Dプリンティングシステム「FastFFF」を開発したと発表した。

MIT機械工学部のJohn Hart教授とJamison Go氏らによるチームは、従来のFFF方式で造形速度を制限している構造を解析、研究している。そしてFFF方式の限界を超える高速出力を実現するため、押出し力の高いナットフィード式エクストルーダー、ポリマーを短時間で溶融できるレーザー加熱式ホットエンド、プリントヘッドを高速で動かせるサーボ駆動パラレルガントリーシステムなどから構成されるプリンティングシステムFastFFFを開発した。

研究チームが制作したプロトタイプ機では、エクストルーダーとヒーティングメカニズムはコンパクトなプリントヘッドに収められ、ヒーターにはファイバー結合レーザーダイオードを採用する。これにより、一般的なFFF方式3Dプリンターと同等の造形精度を維持しながら、造形速度は約7倍の127立方センチ/時での出力が可能となるとしている。

研究チームによれば、プリントヘッド自体は約14倍、282立方センチ/時の能力を有するが、造形精度とのトレードオフで、精度とスピードのバランスを検討する必要があるという。今後、より高い押出し力が必要な熱可塑性ポリマー素材などへの対応が課題だとしている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. リチウムイオン電池より4倍高いエネルギー密度のリチウム空気電池を開発
  2. 手回し式靴下編み機を作って靴下を編んでみた
  3. Raspberry Pi PicoとLチカでアニメ映画「天空の城ラピュタ」に出てくる「黒い石」を再現
  4. ラズパイでブレードサーバーを——Raspberry Pi CM4搭載ブレード「Compute Blade」
  5. OpenAI、チャットボットのChatGPTと文字起こしのWhisperのAPIを提供開始
  6. OKIマイクロ技研、従来の約2倍の高トルク小型モーター「Thumbelina」を開発
  7. 最大1200×1200mmの大型加工も可能——ポータブルCNCロボット「Cubiio X」
  8. 18世紀の靴下編み機を再現して、靴下を編む
  9. ラズパイでArduinoをパワーアップ——Arduino互換ボード「Ardi」シリーズ
  10. 太陽光のみで航行できる3Dプリント製のスーパーヨット「PEGASUS 88mコンセプト」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る