新しいものづくりがわかるメディア

RSS


入出力を自在に組み合わせてホームオートメーション——IoTスマート自動制御システム「スマートコーディネーションシステム」

グラモは、スマートスピーカーなどと連携して住宅を自動的にコントロールするIoTスマート自動制御システム「スマートコーディネーションシステム」を開発した。

photo

スマートコーディネーションシステムは、スマートスピーカーや温湿度、人感、室内照度、ドアの開閉や電力情報など各種センサーからの入力情報と、家電や住宅設備機器、スマートロック、ブザーやプッシュ通知などの実行機能を自由に組み合わせてホームオートメーションを構築できるシステムだ。

photo 人感センサー画面
photo Glamo Smart Lock

例えば、防犯目的で、留守中に動きを感知したらその場でブザーを鳴らして照明をつけると同時にスマートフォンにプッシュ通知したり、利便性向上目的で、朝7時にエアコンとテレビをつけてニュースにチャンネルに合わせる、などといった使い方ができる。

photo 温度センサー画面
photo 温度センサーと家電操作画面
photo iRemocon Z+ Wi-Fi

スマートコーディネーションシステムは、赤外線やECHONET Liteによる家電制御機能や温湿度、明るさセンサー機能を備えたホームゲートウェイ「iRemocon Z+ Wi-Fi」を中心に、スマートスピーカーや同社のスマートロック「Glamo Smart Lock」、家庭の電力状況が見える化できるHEMS(Home Energy Management System)機器「iRemoUnit CT」、センサー群「iRemoSensor」などと連携する。
関連機器をすべて同社製品で揃えられるため、スマートフォンアプリ「iRemoconSmartHome」上から容易かつ確実に設定できるとしている。

photo 開閉センサー

iRemoSensorは、室温度、開閉、人感センサーの3種類を用意し、エナジーハーベスト技術により電池交換が不要だ。

同社では、スマートコーディネーションシステムとそれを操作するためのホームゲートウェイiRemocon Z+ Wi-Fi、スマートフォンアプリiRemoconSmartHome、センサー群iRemoSensorをB2B向けに提供中で、12月13~15日に東京ビッグサイトで開催する「第2回 高性能住宅設備 EXPO」の同社ブースにて展示する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る