新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ピンに部品を接続してブラウザ上でプログラム——IoTコントロールボード「obniz」

ブラウザ上でプログラムできるIoTコントロールボード「obniz(オブナイズ)」のクラウドファンディングがKickstarterで始まった。obnizは、組み込み電子回路やアプリの開発を手掛ける東京のスタートアップCambrianRoboticsが開発したボードだ。

obniz

obnizは、Wi-Fi経由で専用クラウドと連携して動くIoTコントローラー。APIでコントロールできるI/Oピンを12本備えている。全てのピンでそれぞれ最大1アンペアの電流を流せるので、DCモーターやRCサーボなどを直接接続して動かすことが可能。また、どのピンもAD/UART/SPI/I2Cとして使えるため、スイッチやセンサー類を自由に接続できる汎用性が高いボードだ。

obniz
obniz

obnizのプログラミングはブラウザ上で行うため、ブラウザが動作する環境であればどのOS上でもプログラミングできる。PCやスマートフォンなどにプログラム用のソフトウェアやアプリをインストールする必要はない。

obnizをWi-Fiに接続し、I/Oピンにセンサーやモーターなどを接続してobnizのディスプレイに表示されたQRコードをスマートフォンなどで読み込むと、プログラミング用ページが表示される。ページ上でプログラムを編集して画面上のボタンをタップして保存すれば、すぐに実行できるようになるという手軽さだ。

obniz
obniz

obnizの早期割引価格は2900円。出荷は2018年3月の予定で、送料は500円だ。クラウドファンディングは2018年1月20日まで実施。2017年12月22日時点で、目標額150万円に対して約32万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  2. 視線を外さずに運転できる——後付けタイプのヘッドアップディスプレイ「HUD NEOTOKYO」
  3. 記念すべき瞬間を永遠に——2738年間カウントをつづけるパーソナルタイマー「TIME SINCE LAUNCH」
  4. GoF studio(東京都台東区)
  5. 自由に改造し遊びを通して子供の創造力を育む——教育用ラジコンカー「RaceYa」
  6. 500dpiで刻印できる——40/50W密閉型CO2レーザー加工機「Beambox」
  7. ひと目でときめく小さな世界——「田中智 ミニチュアワールド—Face to Face もっとそばに—」(銀座)
  8. アイ・オー・データ機器、Raspberry Pi標準OSプリインストールmicroSDカード「UD-RPSDRB」発売
  9. Raspberry Piの実験や制作に——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi用拡張基板5種発売
  10. きっかけはトラブルだった——旅館の食事に欠かせない「例の青い固形燃料」が生まれた理由

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る