新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ピンに部品を接続してブラウザ上でプログラム——IoTコントロールボード「obniz」

ブラウザ上でプログラムできるIoTコントロールボード「obniz(オブナイズ)」のクラウドファンディングがKickstarterで始まった。obnizは、組み込み電子回路やアプリの開発を手掛ける東京のスタートアップCambrianRoboticsが開発したボードだ。

obniz

obnizは、Wi-Fi経由で専用クラウドと連携して動くIoTコントローラー。APIでコントロールできるI/Oピンを12本備えている。全てのピンでそれぞれ最大1アンペアの電流を流せるので、DCモーターやRCサーボなどを直接接続して動かすことが可能。また、どのピンもAD/UART/SPI/I2Cとして使えるため、スイッチやセンサー類を自由に接続できる汎用性が高いボードだ。

obniz
obniz

obnizのプログラミングはブラウザ上で行うため、ブラウザが動作する環境であればどのOS上でもプログラミングできる。PCやスマートフォンなどにプログラム用のソフトウェアやアプリをインストールする必要はない。

obnizをWi-Fiに接続し、I/Oピンにセンサーやモーターなどを接続してobnizのディスプレイに表示されたQRコードをスマートフォンなどで読み込むと、プログラミング用ページが表示される。ページ上でプログラムを編集して画面上のボタンをタップして保存すれば、すぐに実行できるようになるという手軽さだ。

obniz
obniz

obnizの早期割引価格は2900円。出荷は2018年3月の予定で、送料は500円だ。クラウドファンディングは2018年1月20日まで実施。2017年12月22日時点で、目標額150万円に対して約32万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 20万台のマイコンボードを配布したタイ政府と、プログラミング教育のジレンマ
  2. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  3. スイッチサイエンス、「ATOM Echo - スマートスピーカー開発キット」を販売開始
  4. バッグパックに収納できる電動バイク——東大、空気で膨らませて使うパーソナルモビリティを開発中
  5. 着るだけで体温や心拍を測定——洗濯機で洗えるスマート衣類「E-TeCS」
  6. 日本3Dプリンター、「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売
  7. ゴミ袋を自動で交換するゴミ箱——カートリッジ式スマートゴミ箱「townew」
  8. 分解は設計者との対話 楽しい分解のための5つのTips
  9. アマビエが手洗いを見守るキットをM5stackで作る
  10. 3Dプリンター製フェイスシールドが証明したメイカームーブメントの果実

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る