新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ピンに部品を接続してブラウザ上でプログラム——IoTコントロールボード「obniz」

ブラウザ上でプログラムできるIoTコントロールボード「obniz(オブナイズ)」のクラウドファンディングがKickstarterで始まった。obnizは、組み込み電子回路やアプリの開発を手掛ける東京のスタートアップCambrianRoboticsが開発したボードだ。

obniz

obnizは、Wi-Fi経由で専用クラウドと連携して動くIoTコントローラー。APIでコントロールできるI/Oピンを12本備えている。全てのピンでそれぞれ最大1アンペアの電流を流せるので、DCモーターやRCサーボなどを直接接続して動かすことが可能。また、どのピンもAD/UART/SPI/I2Cとして使えるため、スイッチやセンサー類を自由に接続できる汎用性が高いボードだ。

obniz
obniz

obnizのプログラミングはブラウザ上で行うため、ブラウザが動作する環境であればどのOS上でもプログラミングできる。PCやスマートフォンなどにプログラム用のソフトウェアやアプリをインストールする必要はない。

obnizをWi-Fiに接続し、I/Oピンにセンサーやモーターなどを接続してobnizのディスプレイに表示されたQRコードをスマートフォンなどで読み込むと、プログラミング用ページが表示される。ページ上でプログラムを編集して画面上のボタンをタップして保存すれば、すぐに実行できるようになるという手軽さだ。

obniz
obniz

obnizの早期割引価格は2900円。出荷は2018年3月の予定で、送料は500円だ。クラウドファンディングは2018年1月20日まで実施。2017年12月22日時点で、目標額150万円に対して約32万円を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. コインサイズのArduino Uno——ATMEGA328P搭載マイコン「Piksey」
  2. 鎌倉市、日本初のFabCity宣言へ——フランスで開催されるFabCityサミットで表明
  3. Raspberry PiでsmileBASICが走る——スマイルブーム、Raspberry Pi用パッケージソフト「Pi STARTER」発売
  4. 機械学習とコンピュータービジョンの学習書——マイナビ出版、「OpenCVとPythonによる機械学習プログラミング」刊行
  5. Nintendo Laboのダンボールにはすごい技術がたくさん詰まっていた——自作のためのダンボールの知識とおまけAIデータ付き
  6. Arduino互換の教育向けロボットキット「Walrus v1.0」
  7. GPIOのロジック状態が可視化できる——デバッグ用Arduinoシールド「DeDe」
  8. スタイリッシュなハブレスホイール採用——パワフルな1000W電動キックスクーター「AKTIVO Scoot」
  9. Formlabs、ジュエリー向け光硬化樹脂「Castable Wax Resin」発表
  10. LPWA「LTE Cat.M1」と「AWS IoT 1-Click」に対応——京セラ、「LTE-Mボタン」を製品化

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る