新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表

ASUSはCES 2018において、シングルボードコンピューター「Tinker Board S」を発表した。

photo

Tinker Board Sは、Raspberry Piと同じサイズのシングルボードコンピューター「Tinker Board」の最新版。ボードのサイズとコンポーネントの配置はTinker Boardと同じだが、micro SDカードスロットに加え16GBのeMMCをオンボード搭載しており、ストレージを強化した。OSはDebian 9ベースのTinkerOSで、IDLE/Python/Squeak/Scratchなどのプログラミング環境が利用できる。また、Android 6に対応しており、様々なAndroid appを走らせることも可能だ。

CPUにRockchip RK3288 クアッドコア1.8GHz、GPUにARM Mali-T760 MP4を搭載し、高品質のメディアプレイバック、ゲーム、コンピュータービジョン、ジェスチャー認識など、ハイパフォーマンスのイメージ処理が可能だ。

加えてHDMI CECへの対応や、オーディオジャックプラグイン検知、3.5mmオーディオジャックへのオートスイッチなど、ホームエンターテイメントへの対応を強化している。CES 2018の展示ブースでは、イメージ認識アプリケーションに適したメモリとI/Oのスピードや、192 KHzオーディオ出力とDACアドオンカード対応により改善されたホームエンターテイメントに関するデモを公開している。

photo

基本構成として、外部インターフェース用に基板側面に40pinを備え、うち28pinはGPIOとしてアサインされ、SPI/UART/I2Cなどのシリアルインターフェースが利用可能だ。また、USB 2.0×4、Micro USB電源入力などを搭載し、通信はWi-Fi(802.11 b/g/n)と Bluetooth 4.0 + EDR、Gigabit LANに対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IKEAの青いバッグをリメイクしよう!
  2. XYZプリンティング、小型3Dプリンター「ダヴィンチmini w+」と3Dペン「ダヴィンチ 3DペンCool」を発売
  3. Raspberry Piで手軽にデジタルオーディオを——廉価版サウンドカード「DACBerry RDY」
  4. 3D CAD機能を強化——Shade3D、アセンブリ機能を搭載した「Shade3D ver.18」発売へ
  5. 3Dデータから簡単に立体表示——独自技術を使った立体ディスプレイ「VVD」
  6. 電池レスIoT機器にも表示部を実現——凸版印刷、環境発電で作動する電子ペーパーを開発
  7. 動きをデザインするとはなにか?——「Parametric Move 動きをうごかす展」(池ノ上)
  8. 3Dプリンター用フィラメントを湿気から守る——空気が抜ける密封型フィラメントコンテナ「Vacuum Sealed Filament Container」
  9. XYZプリンティング、産業用3Dプリンター6機種を発表——産業向け市場に本格参入へ
  10. バブル時代に誕生したエレクトリック遊具という名の家電製品 「SANYO STEREO CASSETTE PLAYER ROBO-01(おんがくたい)」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る