新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表

ASUSはCES 2018において、シングルボードコンピューター「Tinker Board S」を発表した。

photo

Tinker Board Sは、Raspberry Piと同じサイズのシングルボードコンピューター「Tinker Board」の最新版。ボードのサイズとコンポーネントの配置はTinker Boardと同じだが、micro SDカードスロットに加え16GBのeMMCをオンボード搭載しており、ストレージを強化した。OSはDebian 9ベースのTinkerOSで、IDLE/Python/Squeak/Scratchなどのプログラミング環境が利用できる。また、Android 6に対応しており、様々なAndroid appを走らせることも可能だ。

CPUにRockchip RK3288 クアッドコア1.8GHz、GPUにARM Mali-T760 MP4を搭載し、高品質のメディアプレイバック、ゲーム、コンピュータービジョン、ジェスチャー認識など、ハイパフォーマンスのイメージ処理が可能だ。

加えてHDMI CECへの対応や、オーディオジャックプラグイン検知、3.5mmオーディオジャックへのオートスイッチなど、ホームエンターテイメントへの対応を強化している。CES 2018の展示ブースでは、イメージ認識アプリケーションに適したメモリとI/Oのスピードや、192 KHzオーディオ出力とDACアドオンカード対応により改善されたホームエンターテイメントに関するデモを公開している。

photo

基本構成として、外部インターフェース用に基板側面に40pinを備え、うち28pinはGPIOとしてアサインされ、SPI/UART/I2Cなどのシリアルインターフェースが利用可能だ。また、USB 2.0×4、Micro USB電源入力などを搭載し、通信はWi-Fi(802.11 b/g/n)と Bluetooth 4.0 + EDR、Gigabit LANに対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Formlabs、新型3Dプリンター「Form 3」を2019年末までに国内出荷
  2. オープンソースのCNCコントロールボード「Smoothieboard v2」
  3. THD+N 0.0003%を達成——CQ出版、「ゼロディストーション・パワーアンプ・キット」発売へ
  4. Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするエンクロージャー「Pi-oT」
  5. 体温計付きヌンチャクで、健康的なカンフーライフを
  6. STマイクロ、STM32G4マイコンのサポートを拡充——デジタル電源/モーター制御用開発キット提供
  7. Raspberry Piを使ってテンキーからクラウドへ数字が入力できる「TENKit」
  8. A4サイズ対応、プリンター感覚で製版できる——理想科学工業、小型デジタルスクリーン製版機「MiScreen a4」発売へ
  9. 3Dプリント造形物の表面を滑らかに——Slic3rに非平面造形機能を実装
  10. Git/GitHubに関する悩みを解決——秀和システム、「やりたいことが今すぐわかる 逆引きGit入門」発刊へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る