新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ASUS、CES 2018にてシングルボードコンピューター「Tinker Board S」発表

ASUSはCES 2018において、シングルボードコンピューター「Tinker Board S」を発表した。

photo

Tinker Board Sは、Raspberry Piと同じサイズのシングルボードコンピューター「Tinker Board」の最新版。ボードのサイズとコンポーネントの配置はTinker Boardと同じだが、micro SDカードスロットに加え16GBのeMMCをオンボード搭載しており、ストレージを強化した。OSはDebian 9ベースのTinkerOSで、IDLE/Python/Squeak/Scratchなどのプログラミング環境が利用できる。また、Android 6に対応しており、様々なAndroid appを走らせることも可能だ。

CPUにRockchip RK3288 クアッドコア1.8GHz、GPUにARM Mali-T760 MP4を搭載し、高品質のメディアプレイバック、ゲーム、コンピュータービジョン、ジェスチャー認識など、ハイパフォーマンスのイメージ処理が可能だ。

加えてHDMI CECへの対応や、オーディオジャックプラグイン検知、3.5mmオーディオジャックへのオートスイッチなど、ホームエンターテイメントへの対応を強化している。CES 2018の展示ブースでは、イメージ認識アプリケーションに適したメモリとI/Oのスピードや、192 KHzオーディオ出力とDACアドオンカード対応により改善されたホームエンターテイメントに関するデモを公開している。

photo

基本構成として、外部インターフェース用に基板側面に40pinを備え、うち28pinはGPIOとしてアサインされ、SPI/UART/I2Cなどのシリアルインターフェースが利用可能だ。また、USB 2.0×4、Micro USB電源入力などを搭載し、通信はWi-Fi(802.11 b/g/n)と Bluetooth 4.0 + EDR、Gigabit LANに対応する。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Piをイーサネットで給電できる——PoE拡張ボード「Raspberry Pi PoE HAT」国内発売
  2. Arduino/Scratchで開発可能——スイッチサイエンス、ウェアラブルプラットフォーム「watchX」を発売
  3. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け拡張基板「ゼロワン」第3弾4製品を発売
  4. 自宅でコーヒー豆の自家焙煎——焙煎機「焙煎野郎」
  5. くせになる回し心地——0.001mmまでこだわった町工場のボールペン「Gyro」
  6. Arduinoを使った電子工作の解説書——ソーテック社、「電子部品ごとの制御を学べる!Arduino 電子工作 実践講座」発刊
  7. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  8. 100均グッズからアクセまで、なんでも鏡にする工場に行ってきた
  9. HP、金属3Dプリンティングの新テクノロジー「HP Metal Jet」を発表
  10. アクロバティックな動きもできる——ローラースケート型Segway「Drift W1」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る