新しいものづくりがわかるメディア

RSS


既存設備を遠隔モニタリングできる——LTEモデム内蔵IoTゲートウェイ「GW-100」シリーズ

サイレックス・テクノロジーは、LTEモデム内蔵のプログラマブルIoTゲートウェイ「GW-100AN」(無線LANモデル)、「GW-100」(有線LANモデル)を2018年1月26日に発売する。

photo

GW-100シリーズは、同社で実績のあるSoCやデュアルバンド無線LANモジュールを搭載したハードウェアプラットフォームに、LTEモジュールを追加したIoTゲートウェイだ。

各社が提供するIoTクラウド接続サービスやM2M VPNサービスに対応し、ゲートウェイをLANやRS-232C、USBなどで産業機器や事務機器に接続することで、遠隔管理や遠隔保守などのIoTサービス構築が実現できる。具体的には、Kiiが提供するIoTクラウド接続サービス「IoT Platform」や「Asset Monitoring Solution」、および丸紅情報システムズが提供するM2M VPNサービス「MSYS Multi-Peer VPN」に対応する。

photo

また、開発キットを利用してLinuxアプリケーションを開発できる。MQTTプロトコルやPythonアプリケーションでの実行環境が用意されており、開発したLinuxアプリケーションは、同社のデータ収集端末「LB-100AN」と共通して利用できる。

外部接続インターフェースは無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n 、GW-100ANのみ)、有線LAN、USB、RC-232Cに対応。無線LANドライバライブラリでは、アクセスポイント機能やステーション機能、WEP/TKIP/AES暗号化機能、エンタープライズ認証機能がSDKとして提供される。

価格は、GW-100AN(無線LANモデル)本体が4万5000円、開発キットとのセットが6万円、GW-100(有線LANモデル)本体が3万5000円、同セットが5万円(いずれも税別)だ。また、ハードウェアやソフトウェアのカスタイム対応やキッティングサービスにも、個別に対応するとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. レトロなエンジンの内部機構がわかるカットモデル——レーザーカットした合板で作るエンジンモデルキット
  2. UCバークレー、樹脂を立体的に凝固させる新しい光造形方式3Dプリント法を開発
  3. 6カ月でIoTの基礎から応用までマスター——XSHELLとデアゴスティーニ、学習プログラム「本気で学ぶIoT」発売
  4. リモートで電源管理できるRaspberry Pi用UPS HAT「Pi18650 SMART UPS」
  5. テレビを携帯することがステータスだった時代に生まれたフラットテレビ「SONY FLAT BLACK AND WHITE TV FD-20 watchman」
  6. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  7. 極細電線のはんだ付けを自動化する「マイクロターミネーション」技術を発表——はんだ付けした端子の取り外しも可能に 日本モレックス
  8. ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi Zero向け単機能拡張基板「ゼロワン」シリーズに、「臭気センサ」、「電子ペーパー」を追加
  9. 光造形方式3Dプリンター「SparkMaker FHD」、CAMPFIREにてクラウドファンディングを開始
  10. 大会史上最多の国/地域からロボットが集合——二足歩行ロボット格闘競技大会「ROBO-ONE」第34回開催へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る