新しいものづくりがわかるメディア

RSS


既存設備を遠隔モニタリングできる——LTEモデム内蔵IoTゲートウェイ「GW-100」シリーズ

サイレックス・テクノロジーは、LTEモデム内蔵のプログラマブルIoTゲートウェイ「GW-100AN」(無線LANモデル)、「GW-100」(有線LANモデル)を2018年1月26日に発売する。

photo

GW-100シリーズは、同社で実績のあるSoCやデュアルバンド無線LANモジュールを搭載したハードウェアプラットフォームに、LTEモジュールを追加したIoTゲートウェイだ。

各社が提供するIoTクラウド接続サービスやM2M VPNサービスに対応し、ゲートウェイをLANやRS-232C、USBなどで産業機器や事務機器に接続することで、遠隔管理や遠隔保守などのIoTサービス構築が実現できる。具体的には、Kiiが提供するIoTクラウド接続サービス「IoT Platform」や「Asset Monitoring Solution」、および丸紅情報システムズが提供するM2M VPNサービス「MSYS Multi-Peer VPN」に対応する。

photo

また、開発キットを利用してLinuxアプリケーションを開発できる。MQTTプロトコルやPythonアプリケーションでの実行環境が用意されており、開発したLinuxアプリケーションは、同社のデータ収集端末「LB-100AN」と共通して利用できる。

外部接続インターフェースは無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n 、GW-100ANのみ)、有線LAN、USB、RC-232Cに対応。無線LANドライバライブラリでは、アクセスポイント機能やステーション機能、WEP/TKIP/AES暗号化機能、エンタープライズ認証機能がSDKとして提供される。

価格は、GW-100AN(無線LANモデル)本体が4万5000円、開発キットとのセットが6万円、GW-100(有線LANモデル)本体が3万5000円、同セットが5万円(いずれも税別)だ。また、ハードウェアやソフトウェアのカスタイム対応やキッティングサービスにも、個別に対応するとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. LinuxマイコンのI/Oを学ぶ——CQ出版、「ラズパイで入門!Linux I/Oプログラミング教科書」発刊
  2. 16個のスイッチ付Raspberry Pi Zero Wコントローラー
  3. どんなに叩きつけても壊れない——金属3Dプリンティングと切削加工技術が融合した全金属製ギター
  4. 大阪大学ら、Raspberry Piで利用できる5眼カメラ「PiTOMBO」開発
  5. 準産業用途向けFFF方式3Dプリンター「Creator3」予約販売開始
  6. 全力で肯定してくれる女の子マシーンを作って救われた
  7. 製品に最適な統合カスタムチップをオンデマンドで安価に作るスタートアップ、zGlue
  8. 技術評論社、PICマイコン使い方ガイドブック「逆引き PIC電子工作 やりたいこと事典」発刊
  9. 技術評論社、プログラミングを学べる技術書「ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング」発刊へ
  10. Scratch3.0ベースの3Dドローン飛行シミュレーター「DroneSimulator3」を公開——車輪の再発見

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る