新しいものづくりがわかるメディア

RSS


既存設備を遠隔モニタリングできる——LTEモデム内蔵IoTゲートウェイ「GW-100」シリーズ

サイレックス・テクノロジーは、LTEモデム内蔵のプログラマブルIoTゲートウェイ「GW-100AN」(無線LANモデル)、「GW-100」(有線LANモデル)を2018年1月26日に発売する。

photo

GW-100シリーズは、同社で実績のあるSoCやデュアルバンド無線LANモジュールを搭載したハードウェアプラットフォームに、LTEモジュールを追加したIoTゲートウェイだ。

各社が提供するIoTクラウド接続サービスやM2M VPNサービスに対応し、ゲートウェイをLANやRS-232C、USBなどで産業機器や事務機器に接続することで、遠隔管理や遠隔保守などのIoTサービス構築が実現できる。具体的には、Kiiが提供するIoTクラウド接続サービス「IoT Platform」や「Asset Monitoring Solution」、および丸紅情報システムズが提供するM2M VPNサービス「MSYS Multi-Peer VPN」に対応する。

photo

また、開発キットを利用してLinuxアプリケーションを開発できる。MQTTプロトコルやPythonアプリケーションでの実行環境が用意されており、開発したLinuxアプリケーションは、同社のデータ収集端末「LB-100AN」と共通して利用できる。

外部接続インターフェースは無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n 、GW-100ANのみ)、有線LAN、USB、RC-232Cに対応。無線LANドライバライブラリでは、アクセスポイント機能やステーション機能、WEP/TKIP/AES暗号化機能、エンタープライズ認証機能がSDKとして提供される。

価格は、GW-100AN(無線LANモデル)本体が4万5000円、開発キットとのセットが6万円、GW-100(有線LANモデル)本体が3万5000円、同セットが5万円(いずれも税別)だ。また、ハードウェアやソフトウェアのカスタイム対応やキッティングサービスにも、個別に対応するとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. ArduinoやRaspberry Piで使える高性能AI視覚センサー「HuskyLens」
  2. 500ドル以下でXY精度3μmを実現——デスクトップSLA方式3Dプリンター「SolidMaker」
  3. 製造業の常識を破壊して海外へ飛び出す——骨伝導イヤホン「BoCo」
  4. ロボットアームを家庭にも——高精度なミニロボットアーム「Mirobot」
  5. オープンソースのフィットネストラッカー「OpenHAK」
  6. 未来を「つくる場=つくば」へ——つくば初のMaker Faire「Tsukuba Mini Maker Faire」が2020年2月に開催
  7. Raspberry PiでFPGAを使う——Virtex-5 FPGA HAT「NovaPi NP01」
  8. プログラマーのための備忘録——ASCIIコードや2/10/16進数の変換表を1枚のカードにまとめた「ANCHOCO」
  9. 厳しい暑さも快適に——半導体を使った独自技術で冷却するクールスーツ「Smart Cool Jacket」
  10. 世界最大級のハードウェアスタートアップアクセラレーター「HAX」の日本版がスタート

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る