新しいものづくりがわかるメディア

RSS


既存設備を遠隔モニタリングできる——LTEモデム内蔵IoTゲートウェイ「GW-100」シリーズ

サイレックス・テクノロジーは、LTEモデム内蔵のプログラマブルIoTゲートウェイ「GW-100AN」(無線LANモデル)、「GW-100」(有線LANモデル)を2018年1月26日に発売する。

photo

GW-100シリーズは、同社で実績のあるSoCやデュアルバンド無線LANモジュールを搭載したハードウェアプラットフォームに、LTEモジュールを追加したIoTゲートウェイだ。

各社が提供するIoTクラウド接続サービスやM2M VPNサービスに対応し、ゲートウェイをLANやRS-232C、USBなどで産業機器や事務機器に接続することで、遠隔管理や遠隔保守などのIoTサービス構築が実現できる。具体的には、Kiiが提供するIoTクラウド接続サービス「IoT Platform」や「Asset Monitoring Solution」、および丸紅情報システムズが提供するM2M VPNサービス「MSYS Multi-Peer VPN」に対応する。

photo

また、開発キットを利用してLinuxアプリケーションを開発できる。MQTTプロトコルやPythonアプリケーションでの実行環境が用意されており、開発したLinuxアプリケーションは、同社のデータ収集端末「LB-100AN」と共通して利用できる。

外部接続インターフェースは無線LAN(IEEE 802.11 a/b/g/n 、GW-100ANのみ)、有線LAN、USB、RC-232Cに対応。無線LANドライバライブラリでは、アクセスポイント機能やステーション機能、WEP/TKIP/AES暗号化機能、エンタープライズ認証機能がSDKとして提供される。

価格は、GW-100AN(無線LANモデル)本体が4万5000円、開発キットとのセットが6万円、GW-100(有線LANモデル)本体が3万5000円、同セットが5万円(いずれも税別)だ。また、ハードウェアやソフトウェアのカスタイム対応やキッティングサービスにも、個別に対応するとのことだ。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 日本3Dプリンター、FFF方式3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズ2機種発売
  2. Arduino、新製品シリーズ「Arduino Nano Family」を発表
  3. ラジコンにもゲームコントローラーにも——リモートコントロールカーキット「TechMods」
  4. 300ドル以下で手に入る光造形——LCD SLA方式3Dプリンター「Prism」
  5. 構造力学を体感しよう——建築物モデリングキット「Mola Structural Kit 3」
  6. 機械学習の成否を左右する前処理を学ぶ——リックテレコム、「機械学習のための「前処理」入門」発刊
  7. 中高年向けのプログラミング解説書——リックテレコム、「図解 50代からのプログラミング」発刊へ
  8. 2輪でも倒れないカルマン倒立振子を作ろう——CQ出版、「現代制御ロボティクス学習キット」発売
  9. レゴブロック状の「音響レンズ」を使い、超指向性オーディオ・スポットライトを構築
  10. 既存のスイッチをUSB化——ビット・トレード・ワン、「USB DELEGATER B」を発売へ

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る